リベラルアーツ学部(リベラルアーツ学科)

リベラルアーツ学部デジタルパンフレット

リベラルアーツ学科は、4年間を3期に分けて学習を発展させていく学習システムを導入。「広さと深さ」を同時に追究し、急速な変化にも対応できる基礎知識力を養います。またPlan(構想力)・Practice(実践力)・Promote(推進力)の体験・実践教育により、教育・企業・公共事業・国際交流など多方面のコミュニティで、行動力のある、調和のとれた人材を育成します。「世界がわかる、自分がかわる」それがリベラルアーツ学科です。

学びの特色

リベラルアーツ学部の学びのキーワードは、「広く」そして「深く」。導入期には、「日本語コミュニケーション、英語コミュニケーション、日本学、芸術表現、社会学、心理行動科学、科学技術コミュニケーション」の7つの専攻分野について幅広く学び、大学教育・研究の基礎を確立します。発展期には学生一人ひとりが自らの興味分野や将来を見据えて専攻を選択、専攻分野に対し複数の視点から深く掘り下げていきます。卒業後の社会における活躍を目指して「オフキャンパス・スタディーズ」で実践力を養います。近隣地区の小学校で英語教育を行ったり、民俗学、社会学、日本語でのフィールドワークやインターンシップにとりくみ、学外での経験を糧に、社会人としての資質を高めていきます。
専攻期では各自の専攻分野をさらに深めつつプロジェクトを推進します。

  • 平成29年度(2017年)4月入学生よりカリキュラム変更を予定しています。
  • 文学部国語教育学科の新設(2017年4月)に伴いリベラルアーツ学科での教員免許の取得はできません。
1年~2年次前期にコミュニケーション力の育成(英語、日本語、ICT)と7つの専攻分野(メジャー)の入門科目を多彩に選択して基礎学習を行い、2年次から知の基礎を支える7つのメジャー、日本語コミュニケーション、英語コミュニケーション、科学技術コミュニケーション、社会学、日本学、芸術表現、心理行動科学を学ぶ。構想する力(PLAN)と実践する力(PRACTICE)と推進する力(PROMOTE)をつけ、知的な行動力でコミュニティ内でリーダーシップを発揮できる人材の育成、実践で使える教養教育と知の基盤の充実、生涯教育を可能にする「ラーニングコミュニティ」の創造を目指す。

リベラルアーツ学部サイト