経営学部(国際経営学科)

経営学部デジタルパンフレット

経営学部のMISSION

グローバル社会で活躍するビジネスリーダーを育成

次世代を担うビジネスリーダーに求められるのは、チームの中での自らの役割に対する明確なビジョンと責任感。仲間とともに問題解決に積極的に取り組み、組織的に知識を創造していかなければなりません。そこで経営学部では、教育においてめざす使命(下図参照)を定め、これらを実現する人材を育成します。

国際経営学科には、人と組織のマネジメントコース、ベンチャー・中小企業(後継者)コース、環境経営とCSR(企業の社会的責任)コース、会計・ファイナンスコース、マーケティングコースがある。企業経営を主導できる、社会のあり方に対してビジョンを持つ、倫理に基づき企業活動を実現できる、グローバル・ローカル双方の視点を持つ、起業家精神を持って、社会貢献できる、自然環境を尊重し、企業と社会の持続的成長を実現できる、ビジネスリーダーの育成を行う。

学びの特色

グローバルなビジネスシーンでプロフェッショナルとして活躍できる人材を育成するため、専攻分野を明確にした「コース プログラム」を設置。学生が自らの専攻分野を意識し、在学中から自身の将来の職業、社会的な役割を自覚しながら学習を進めることが可能となっています。
国際社会で活躍するために必要な語学力について、経営学部では特に英語教育に重点を置き、TOEIC®における目標スコアを設定すると共に、ELF科目を1・2年次に設け「読む」「書く」「聞く」「話す」といった基本技能を強化。さらに英語で行われる授業も開講し、自らの考えを周囲に伝えることのできる発信型英語の修得を目指しています。
社会で活躍する方々による講義、実習等による学習なども取り入れることで、実際に社会に巣立った後をもイメージできるカリキュラムを整えています。

コースプログラム制で世界標準の経営学を学ぶ

グローバル化に主体的に取り組むための「世界標準」による実践力と発信力を修得し、さらにイノベーションを生み出す経営企画力を実践的・体験的に習得していきます.経営学部では、「経営学」「会計学」「ファイナンス」などの主要科目を世界標準で学修するコースプログラムを設置しています。英語による実践力と発信力を身につける「グローバルビジネスコース」と「国際会計コース」、経営企画力を体験的に身につける「マーケティング戦略コース」を設置しています(2015年度より)。入学時にコースを選択し、少人数のゼミナールを拠点に専門科目を英語による世界標準のテキストで学んでいきます。

経営学部サイト

経営学部の学部や学科情報の詳細は、学部サイトをご覧ください。

関連リンク