玉川大学FD活動

大学FD活動

FDとはファカルティ・ディベロップメントの略で、個々の教員の教育内容や方法の改善及び向上のため、全学的にあるいは学部・学科全体で、それぞれの大学等の理念・目標や教育内容・方法についての組織的な研究・研修の取組を総称しています。その意味するところは極めて広範囲にわたりますが、具体例としては、学生による授業評価アンケートの実施、教員相互の授業参観の実施、授業方法についての研究会の開催、新任教員のための研修会の開催などを挙げることができます。

玉川大学におけるFD活動の取り組み

本学の組織的・継続的なFD活動の歴史はまだ浅く、FDという言葉を用いての具体的な活動は平成11年度から学部主動で行われてきました。平成14年4月には、全学的な見地からのFD活動が必要であることから、大学FD委員会を暫定的に立ち上げ、その意義や目的、役割を明確にし、各部の協力を得ながら各種の活動を行ってきました。平成15年4月からは大学FD委員会を正式な委員会として位置付け、より本格的に推進してまいりました。
ここにその活動内容を掲載します。

お問い合わせ

大学FD委員会
玉川大学 〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
事務担当 教学部 教育学修支援課
e-mail:il-supports@tamagawa.ac.jp