講演会「小原國芳・学校劇の100年‐その目的と変遷-」開催のお知らせ

2016.12.22

玉川学園の創立者小原國芳が我が国で初めて学校劇を行ったのは1919年のことになります。
それからまもなく1世紀になろうとしています。
本講演会では、学校劇の思想と実践の歩みを振り返り、全人教育の優れた実践形態の1つとなる学校劇の原点に迫ります。
みなさま奮ってご参加ください。

日 時:
2017年1月21日(土)15:00~17:00
入場無料(事前申し込み不要)
講演者:
法月 敏彦 氏
芸術学部パフォーミング・アーツ学科教授
全人教育研究センター研究員
場 所:
University Concert Hall 2016 Marble
キャンパスマップ 21番の建物です)

お問い合わせ

教育学部全人教育研究センター 担当:佐久間
E-mail:sakhiro@edu.tamagawa.ac.jp