授業コース作成と運用

基本的に、「単位の出る授業」がコース、「学部、学科やコスモス祭委員、特別なプロジェクト」などの組織はグループで作成しています。

授業コース初期設定について

利用希望のあった教員のコースを作成します。
1年間使用されなかったコースは、次年度以降表示されません。
コースの再表示をご希望の際は、教育学修支援課にご依頼ください。
学期単位で期間設定をしています。
春学期は4~8月上旬、秋学期は9~2月上旬まで学生はアクセス可能です。
学期ごとの詳細については、メールやBbお知らせでもご案内しております。
期間設定は教員側で変更も可能です。
1つの授業で1人の教員のコースが作成され、同時限の授業は1つのコースにまとまります。
3人以上の教員が担当する授業は表示されませんので、別途ご依頼ください。
その際はコースの運用(複数担当でも自身のみ利用したい、1つのコースを複数の教員が利用したい、別々のコースで利用したい、授業コードを分けてほしい、等)についてもご連絡ください。
履修登録訂正期間中に担当科目に登録された学生は、UNITAMAでの訂正後2~3日後にBbコースへ登録されます。
授業運営課のUNITAMAとBbは連動していないため、UNITAMAで訂正してもすぐにBbへは反映がされません。
また、本学の学部生以外の受講者(大学院生、科目等履修生、単位互換生など)も通常の履修登録期間と日程が異なる場合があるため、すぐに登録されない場合があります。
履修を取り消した場合も同様です。
Bbコースの登録から外れる可能性のある学生
履修登録期間後に追加された授業コードを履修している受講生は、Bbコースの登録から外れるおそれがあります。
随時追加をしておりますが、学生にもBb授業コースが表示されているか確認するようご指示ください。
教員は、コースに登録されているユーザーを確認することができます。