受講にあたって

講習・試験時間

【必修領域:1日間(6時間)の講習】

講義:75分
9:20-10:35
休憩
10分
講義:75分
10:45-12:00
休憩
15分
試験30分
12:15-12:45
昼食
50分
講義:75分
13:35-14:50
休憩
10分
講義:75分
15:00-16:15
休憩
15分
試験30分
16:30-17:00

【選択必修領域/選択領域:1日(6時間)の講習】

講義:75分
9:20-10:35
休憩
10分
講義:75分
10:45-12:00
昼食
50分
講義:75分
12:50-14:05
休憩
10分
講義:75分
14:15-15:30
休憩
20分
試験60分
15:50-16:50

【選択領域:2日間(12時間)の講習】

1日目

講義:90分
9:20-10:50
休憩
10分
講義:90分
11:00-12:30
昼食
50分
講義:90分
13:20-14:50
休憩
10分
講義:90分
15:00-16:30

2日目

講義:75分
9:20-10:35
休憩
10分
講義:75分
10:45-12:00
昼食
50分
講義:75分
12:50-14:05
休憩
10分
講義:75分
14:15-15:30
休憩
20分
試験60分
15:50-16:50

講習内容によっては講義時間が多少異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

試験について

  1. 更新講習の修了認定または履修認定は講習ごとに筆記試験により行われます。

修了認定について

修了認定試験による成績審査に合格した受講者には、免許状更新講習の課程を修了、または課程の一部を履修したこととし、修了証明書または、履修証明書を発行します。
なお、成績評価については以下の基準とし、S、A、B、Cを合格、Fを不合格とします。

評価(点数)評価の定義
S(100~90点) 当該講習の到達目標の内容をほぼ完全に修得し、かつ応用する力がついていると認められる。
A(89~80点) 当該講習の到達目標の内容を十分に理解し修得したものと認められる。
B(79~70点) 当該講習の到達目標の基幹部分は理解し修得したものと認められる。
C(69~60点) 当該講習の到達目標のうち、最低限の理解は得られたものと認められる。
F(59点以下) 当該講習の到達目標に及ばない。

休講について

  1. 交通機関の事故、台風、講師の急病等により講習を休講、または途中で打ち切る場合があります。休講となった講習または、不足時間分(試験を含む)は原則として補講を行います。休講、打ち切りの連絡は更新講習Webサイト(システム)や講師からのアナウンス等で通知します。
  2. 1の事由により開講される補講の日程、申込方法などは、当該受講者に改めて通知します。
  3. 補講の受講料は、休講となった講習の受講料を充当します。
  4. 補講が受講できない方には、受講料は全額返金します。なお、途中打ち切りによる補講についても、時間相当分を徴収せず、全額返金します。
  5. 補講申込後のキャンセルについては「受講取消し(キャンセル)・講習の変更について」の通りとし、返金については「受講料の返金について」の通りとします。

受講許可の取消について

更新講習の受講が許可された場合であっても、次の各号に該当する場合は受講の許可を取り消すことがあります。

  1. 講習の進行を妨げる行為があった場合
  2. 講師や他の受講者等に迷惑をかける行為があった場合
  3. 著しく本学の名誉を傷つけた場合
  4. 本学関係者に対し暴行、脅迫等の行為があったと認められる場合
  5. その他、本学が更新講習の運営上不適当と判断する場合

通学にあたって

  • 1.
    交通手段について
    原則として公共交通機関を利用してください。
    【車両乗入れをする場合】
    怪我・障害などの理由で公共交通機関を利用しての通学が困難な場合は、講習開始2週間前までに教師教育リサーチセンターまでご連絡ください。
  • 2.
    子ども連れ受講の禁止
    他の受講者への配慮及び安全確保の観点から、子ども連れの受講・登校は禁止します。
  • 3.
    服装
    講習を受けるのにふさわしい服装を心掛けてください。なお、講習で使用する教室はすべて空調設備を備えていますが、外気温の変化によっては対応が難しい場合もあります。各自で体温調整ができるような服装が望まれます。

本学へのアクセスガイド