教員免許更新制の概要

平成19年6月に「教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律」が公布され、平成21年4月から教員免許更新制が導入されました。
この制度は、教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能の習得を図り、教員が自信と誇りをもって教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目的とした制度です。
これにより、平成21年3月31日までに授与された教員免許状は、修了確認期限(有効期限)満了の2年2カ月から2カ月前までの2年間に、30時間以上の教員免許状更新講習を受講・修了し、免許管理者に申請が必要になりました。

受講対象者

教員免許状更新講習の受講対象者については、文部科学省のWebサイトでご確認ください。

今回の受講対象者

今回の更新講習は、以下の方々を対象としています。

生年月日修了確認期限受講期間
昭和37年4月2日~昭和38年4月1日 平成30年3月31日 平成28年2月1日

平成30年1月31日
昭和47年4月2日~昭和48年4月1日
昭和57年4月2日~昭和58年4月1日
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日 平成31年3月31日 平成29年2月1日

平成31年1月31日
昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日

※修了確認期限および受講時期の確認は、文部科学省のWebサイトに「修了確認期限をチェック」をご覧ください。

注意)

  • 修了確認期限の延期手続きを行っていた方は、延期後の修了確認期限から起算する必要があり、受講期間外に講習を受講した場合、免許状更新のための講習の受講として認められません。

講習時間

次の3つの領域から合計30時間以上の受講が必要です。

必修領域 6時間以上
選択必修領域 6時間以上
選択領域 18時間以上