IB(国際バカロレア)研究コース

IB教員ならびにIB研究者としての資格が取得できる「IB研究領域」を2014(平成26)年4月に日本で初めて大学院修士課程に開設しました

概要

IBOは4種類のIBプログラムを提供しています。どのプログラムも知識のみならず問題解決力、批判的思考力を高め、よりよい世界とより平和な世界の実現に貢献できる若者の育成を目的としています。(IBに関する詳しい内容はIBウエブサイトをご覧ください。

IBプログラムは世界のIB認定校で実施されています。玉川学園もその一つで、中等教育プログラムとディプロマプログラムの認定校です。(IBウエブサイト内の玉川学園に関する情報はこちらをご覧ください。)

IBプログラムの教員になるためにはIB教員資格が必要です。IBOは世界の36の大学と提携して、IB教員資格を授与できる大学のプログラムを認定しています。高等教育機関でのIB教員養成はこれらの大学で行われています。玉川大学大学院教育学研究科IB研究コースもその一つです。
(IBウエブサイトにあるIB提携大学便覧はこちらをご覧ください。)

IB研究コースでは以下の2種類のIB教員資格(IB Education Certificate, IBEC)を取得できます。

  • IB Certificate in Teaching and Learning (CTL) PYPまたはIB Certificate in Teaching and Learning (CTL) MYP またはIB Certificate in Teaching and Learning (CTL)DP(CTL取得に必要な単位数10単位)
  • IB Advanced Certificate in Teaching and Learning Research(ACTLR)(ACTLR取得に必要な単位数CTL+10単位)
  • 修士課程修了には合計30単位の修得と修士論文合格などの所定の要件を満たすことが必要です。
  • IB研究コースは修士号の取得を前提としていますが、IB教員資格(CTL)のみの取得希望の方は科目等履修生として資格の取得が可能です。
    詳しくはこちらをご覧ください。

教育・研究の目的

IB研究領域では、IBの教育に関する研究を行い、修士号およびIB教員資格を取得することを目的としています。

CTL(IB certificate in teaching and learning)
ACTLR(IB advanced certificate in teaching and learning research)

対象

学部を卒業したばかりの方、教員としての経験を有する方など、IBプログラムに興味を持っている方ならどなたでも歓迎です。ただし、 令和2(2020)年度入学者からACTLRの資格申請のためにはIB認定校において3年以上の教員経験が必要となります。

入学試験

大学院の入学試験は三回あります。
毎年7月に公表の玉川大学大学院入学試験要項をご覧ください。

進学相談会も開催しています。
詳しい予定は玉川の公式サイトの玉川大学大学院進学ガイダンスのページをご覧ください。

(授業の指導言語は原則日本語です。PYP関連科目のみ指導言語は英語です。)

授業

IB教員資格に必要な科目

◎:コース必修科目 
●:IB研究PYP資格取得必修科目 □:IB研究MYP資格取得必修科目
◇:IB研究DP資格取得必修科目 ◆:IB研究ACTLR資格取得必修科目

科目名単位数 
IB教師教育ⅠA 2
IB教師教育ⅠB 2
IB教師教育ⅠC 2
IB教師教育(PYP)ⅡA 2
IB教師教育(PYP)ⅡB 2
IB教師教育(MYP)ⅡA 2
IB教師教育(MYP)ⅡB 2
IB教師教育(DP)ⅡA 2
IB教師教育(DP)ⅡB 2
IB教育実践研究Ⅰ 2
IB教育実践研究Ⅱ 2

IB研究コースの授業はIBプログラムと同様に探究学習や協働学習が中心となります。
玉川ウエブサイトで紹介された授業風景をご覧ください。

修了後の進路

2016(平成28)年3月より18名の卒業生を送りだして来ました。
2018(平成30)年3月の4期生卒業生6名のうち5名は国内外のIB認定校やIB候補校で教壇に立っています。