教育実習・介護等の体験

教育実習

横浜市内の公立小学校での教育実習

教育実習は実際の教育現場で学習をするもので、児童・生徒に多大な影響をおよぼします。気軽に受講できる性質のものではありません。したがって、教育実習の受講にあたっては、本学内で行う教育実習事前指導の受講および本学が定める受講資格(修得科目単位等の規定)を充足することが必要です。なお、本学では、一部の地域を除き出身校や居住地近隣で実習校を自己開拓する方法が一般的ですが、要件が整えば、学内に併設されている玉川学園K‐12(幼稚園から高等学校)での教育実習も受講できます。

受講の時期

教育実習に際しての詳細は、実習受け入れ校の事情により決定します。基本的には、教育実習校の年間授業計画にそって受講の時期を定めることになります。そのため、早い時期に教育実習受講資格充足までの学習計画を立て、およその目安をもって、教育実習希望校へ受け入れの依頼を行います。受講の時期は、原則3年次となります。しかし、地域によっては特別な手続きを要し、4年次になるところもあります。

教育実習

STUDENT VOICE

一人ひとりの子供と向き合える教師をめざします
小学校コース 井上毅さん(神奈川県在住)小学校コース
井上毅さん(神奈川県在住)

教育実習では、板書を含む授業計画をしっかり立てることが重要になります。数式だけでなくイラストや図表を駆使して子供たちが具体的にイメージしやすいような算数の授業を心がけました。そのように事前準備をしたつもりでも実際に教壇に立つと、子供たちからは予想外の答えや発言があったりして、授業の流れが変わってしまうことも……。子供一人ひとりと向き合いながら狙い通りの授業ができるまでには、勉強が足りないと痛感。しかし、温かく応援してくださった現場の先生方、そして何より素直で感受性豊かな子供たちに助けられながら、一歩ずつ成長していく自分を実感できた実習体験となりました。

介護等の体験

介護等の体験イメージ

小学校・中学校の教員免許状を取得するためには、「介護等の体験」が必要になります。「介護等の体験」とは、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で行う体験と、特別支援学校で行う体験との2種類に大別され、それぞれにおいて決められた期間での体験が必要になります。体験の主な内容は、障がい者、高齢者などとの交流や介護、介助のほか、受入れ施設・学校職員の業務補助などが想定されています。体験の期間は、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で5日間、特別支援学校での体験が2日間、合計7日間です。

体験先・時期の決定について

「介護等の体験」の申し込みについてはすべて大学が一括して行います。社会福祉施設の体験は各都道府県の社会福祉協議会、特別支援学校の体験は各都道府県の教育委員会が窓口となります。 一部の地域では、体験時期などの希望調査を行う場合もありますが、一般的には社会福祉協議会、教育委員会から指定された期間に、指定された施設・学校で行うことになります。

介護等の体験

STUDENT VOICE

偏見を持たず、身構えず、柔軟な気持ちで
小学校コース
齊藤 志麻さん(千葉県在住)

重い知的障害を抱えている方々の施設での体験は私にとって、自分の教育観をあらためて考え直すきっかけになりました。最初はどのように入所者とコミュニケーションを取れば良いのかも分からず、相手に一生懸命向き合っているうちに、一人ひとりが抱くそれぞれの思いに気付くようになりました。そして5日間の最終日には、ようやく心が通い合う実感を味わうことができたのです。偏見を持たず、身構えず、柔軟な気持ちで相手に接すること……施設で学んだことは、将来、小学校の教師になった時にも必ず役に立つに違いありません。

関連リンク