先輩インタビュー

自分を高め、夢を叶えられる環境です

卒業&教員免許状取得
大石 光さん(広島県在住)

経済的な理由から一度は大学進学を断念しましたが、教師への夢を捨てきれずに玉川の通信に入学しました。レポートに対する先生の添削が丁寧でわかりやすく、そこからさらに多くのことを学んでいます。また、スクーリングに出席して感じたのは、他大学に比べ学生のやる気、モチベーションが高いということです。自分も色々な立場の方と話をし、学びを深めることができました。「玉川は厳しい」という声をよく耳にしますが、自分はそれが玉川のブランドであり、「玉川を卒業した」=「頑張ったね」と捉えてもらえると思っています。これからも、玉川で学んでいることに誇りをもって、学修を続けていきたいです。

学修以外にも得るものが多いスクーリング

幼稚園コース
工藤 朗詠さん(青森県在住)

幼稚園教諭として実務に携わった後、母校で教務補佐にあたる副手職に就いています。職域を広げるため、学士の学位と幼稚園教諭の上級免許取得が目標です。丁寧なレポート添削がより深い学びにつながることなど、安心して学べる環境に魅力を感じ、玉川への入学を決めました。また、実際にキャンパスに足を運んだことで、「学ぶ覚悟」が生まれ、一歩を踏み出すことができました。スクーリングでは年代も地域も仕事も異なる方たちとの出会いや、様々な価値観をもった方との交流があり、刺激になりました。自分の視野の狭さに気づくなど、学修以外にも得るものがたくさんあるのが玉川です。

教師になりたい熱い思いに応えてくる

小学校コース
押川 沙矢さん(大阪府在住)

大学ではモンゴル語を学び、卒業後はホテルに就職しましたが、就職活動中に湧いてきた小学校教諭への思いから一念発起。玉川を選んだのは、学費の安さと教職に就かれた修了生の評価の高さからでした。スクーリングに参加したことで、玉川の良さを実感できたとともに、受講生の方々の意識の高さ、学ぶことへの貪欲さを感じました。通信教育で教師を目指して勉強している方は、やる気が違う、熱い思いを持っていると。玉川の通信はそのやる気に必ず応えてくれる大学だと思います。教師はゴールや正解のない職と言われますが、常に、“子供たちにとっての最善は何か”に心を配る教師でありたいと思います。

生徒のためにいかに時間をつくれるか

社会コース
宮田 隼さん(神奈川県在住)

金融業に就職しましたが、「教師になりたい」という夢をあきらめきれず、玉川へ入学しました。最短期間で目標を達成するために会社を退職し学業に専念。自宅学修を中心に、1カ月に4通と決め、学修計画を立てました。最初はレポートが真っ赤になって返ってきたこともありますが、先生の添削レベルが高く、逆に学びの領域が広がりました。教育原理等で学んだことは教員採用試験の勉強にもつながりましたし、科目試験のポイントをしぼるために過去問を分析したこともありました。目指すのは、生徒のためにどれだけ時間をつくれるか、時間をつくるために努力し続ける教師です。

「本気で学びたいなら」の助言で玉川に決めました

司書コース
二宮 志保さん(神奈川県在住)

司書講座受講時に「司書の資格を取得すれば可能性が広がる」とアドバイスを受けたのが、学ぶきっかけです。周りに玉川の通信で学んだ方がいて、「サポートが手厚く本気でやるならいい」との薦めやスクーリングの通いやすさで玉川を選びました。スクーリングでは先生の話が面白く、一言一言に知識が溢れ出てくるのがわかり、毎回楽しみに受講しています。聞き逃したくないと真剣に聞くうちに、どんどん積極的な気持ちになります。一昨年完成したばかりの新しい図書館で演習ができるのもありがたいですね。通信の勉強への不安が今は楽しさに変わり、安心して取り組んでいます。

学内で博物館実習ができる環境も魅力

学芸員コース
石割 努さん(静岡県在住)

高等学校で社会の教師をしています。歴史が好きで史料や展示物の見方をもう少し深く学びたいと考え、学芸員資格の取得を目指し入学しました。玉川を選んだ理由は、キャンパス内で博物館実習ができることや「全人教育」という教育理念に魅力を感じたからです。学び始めてからは、帰宅後の午後9時から午前2時頃まで机に向かう毎日。テキストをまとめ、わからない箇所は関連図書で調べることの繰り返しで知識が深まっていきました。地元の静岡から通ったスクーリングでは協力して取り組む授業が楽しく、仲間との交流は学修の励みになっています。退職後は、近くにできる歴史博物館でお手伝いができればと考えています。

正しい知識をそなえ人の心を支えていきたい

社会教育主事コース
高橋 一浩さん(東京都在住)

会社で人事部門を任され、相談される立場として的確なアドバイスをするために必要な知識を得たい、というのが学ぶきっかけでした。入学してからはレポートの締め切りや科目試験日程などが常に頭のどこかに入っていて、時間の大切さを意識するようになりました。また、半日有休制度を活用してスクーリングに充てるなど時間をやりくりしています。何かレポートにつながらないかと、通勤途中の読書も欠かしません。今は単位を修得し、資格を得るという目標があるので、それが自分を律する励みになっています。退職後のセカンドキャリアを視野に、別の資格にもチャレンジしようかと思案中です。

玉川の良さは「愛のある厳しさ」

科目等履修生
佐々木 陽子さん(神奈川県在住)

働きながら玉川の通信で幼稚園教諭と小学校教諭の免許を3年かけて取得し、現在は、小学校で教鞭を執りながら司書教諭の資格取得をめざしています。魅力的な先生方や玉川の音楽も好きですし、学園の理念など、玉川の良さはたくさんあります。それらをもっと学びたい、学びたいと学んでいくうちに玉川とのお付き合いが長くなりました。「玉川は単位取得が厳しい」という声も耳にしますが、それは“愛のある厳しさ”であり、その厳しさがなかったら、現場でもっと苦労していただろうなと思います。学生同士の交流を支援する「学生会」活動が活発で、色んな方と知り合う機会も多く、玉川は勉強以外にも学べるところです。