サポート体制

「Web TAMA」「Edu Track」 在学生向けサイト

入学後の学修支援をより充実させるため、在学生専用のポータルサイト「Web TAMA」「Edu Track」を導入しています。
各種申請や申込、質問、履修状況の確認まで便利な機能を用意した学生支援システム「Web TAMA」と、テキスト履修の補助動画や各種ガイダンスの動画などを閲覧できる教育支援システム「Edu Track」。2つのサイトを相互に利用することで、遠隔地からの受講がますます便利に、そして自宅にいながらも充実した学修が行えるようになりました。

学修支援システムWeb TAMA
快適な学修環境を提供する各種機能

利用できる機能
新着情報はここで!

「玉川通信」(月刊誌)ではお伝えしきれないリアルタイムな情報を項目ごとに分けて掲示。
メールアドレスを設定すれば、指定したアドレスへ掲示情報を転送できます。

履修状況を確認して無理のない学修計画を

レポートの提出状況や過去の試験結果など、自分の履修状況を確認することが可能。履修状況を把握した上で学修計画を立ててください。

分からないことはすぐに質問を!

学修上の疑問や事務手続きなどで分からないことがあったら、いつでも質問が可能。メールアドレスを設定すれば、指定したアドレスへ質問の回答を転送できます。

簡単・便利な各種申込み

科目試験やスクーリングの申込みが簡単に行えます。自分の履修登録した科目が画面に表示されるため、申込み間違いがなくなります。

その他の機能

▶卒業(見込み)判定、資格取得見込み判定   ▶個人情報の変更
▶各種照会機能  ▶学割等の申込み  ▶各種面談予約  ▶スケジュール管理

教育支援システム Edu Track  ~ICT 活用で、より高い学修効果が期待できます!~
学修をサポートする各種機能

ディスカッション機能

スクーリング受講生同士でディスカッションを行う機能です。授業前や授業後に出題されたテーマに対し討論することで、自らの考えを深めるきっかけになるとともに、スクーリング後の継続的な学びにもつながります。

掲示板機能

記事やテーマに対して自由に書き込んだり、それに対してコメントしたりしながら、受講生同士の意見交換の場として積極的に活用できます。

ガイダンス動画の閲覧

本学で開催されている各種ガイダンスの模様やレポート、科目試験、スクーリングについてわかりやすく解説したガイダンス動画などを閲覧することができます。

利用できる機能
◀レポート作成ガイダンス動画

「レポート作成ガイダンス」では、レポートの書き方はもちろん、文献の探し方や引用した場合の注意点なども丁寧に説明。

テキスト履修補助動画の閲覧
利用できる機能
◀テキスト履修補助動画「教育心理学」

科目担当の教員自らが解説した「レポート作成をサポートする動画」では、課題の意図や評価のポイントなどを丁寧に説明。

アカデミック・アドバイザー制度 一人ひとりの学修・大学生活を支える

一人で学修を進めていく時間が大半を占める通信教育では、自分の学修方法は合っているのか?学修計画はこれで大丈夫か?などさまざまな不安を抱えることがあります。アカデミック・アドバイザーは、新入生の疑問や質問を受けて共に問題を解決し、一日も早く大学生活に適応できるよう支援する制度です。1年次入学生はレポート学修、科目試験、スクーリングなどについてのアドバイスを自分の担当アドバイザーである教員から受けることができます。本制度による支援は入学から1年間ですが、その後も、それぞれが自分の目標を達成できるよう、充実したバックアップ体制でみなさんをサポートしていきます。

通信教育学習ナビ 玉川大学オリジナル教材

玉川大学はFYE(First Year Experience:初年次教育)を重視しています。この教材は大学での初年度に経験して欲しいことや、学んで欲しいことを、通信教育を主として書かれたテキストです。
通学課程の新入生は、キャンパス案内図を見て教室や目的の場所を探して行くことができます。そして、1カ月もたてばそれらの案内は必要なくなるでしょう。本テキストは、みなさんが通信教育というキャンパスを歩くための案内図です。みなさんの身近において活用し、目的達成に役立つことを願っています。

通信授業シラバス・レポート課題集

シラバスは、一般に、科目の概要、学修目標(到達目標)、学修テーマ・内容、成績評価方法、参考文献など、科目の全体像を一覧できる形で示したものです。どのようなことを学修するのか到達目標によって学修すべきことを明示し、さらにどのような課題に取り組むとよいのか、学修ポイントは何かなどを詳細に示しています。通信授業(テキスト履修)シラバスは、通信授業を受けるために有用な情報を盛り込んだものですので、履修科目の登録に活用することはもちろん、テキスト学修、レポート作成、科目試験の準備の際に繰り返し確認して、学修効果を高めてください。

関連リンク