高大連携プログラム

「高大連携プログラム」の目指すもの

玉川大学では、これまで取り組んできた高大連携をさらに深め発展させるために、本学の特色ある教育研究活動を効果的に生かした高大連携プログラムを用意しました。本プログラムを通して、「全人教育」を建学の理念に掲げる玉川大学ならではの教育活動の一端を、全国の高等学校教育の中で活用していただく機会を提供いたします。
本学は「学ぶ力」と「将来を見据える力」を育てることを目標に「初年次教育」に取り組み、「全学生参加型の1年次教育の実践」が、2006年度の文部科学省「特色GP」に採択されました。このような教育活動の成果は、高等学校教育と大学教育との架け橋として大いに寄与するものと考えています。また、「教員養成の玉川」と呼ばれる教育分野の研究活動の還元、先端的な研究を担う「学術研究所」等の活用も、本プログラムの特長といえます。
本プログラムを通して、高等学校と大学教育との相互理解を深め、協働によって理想的な教育の実現を目指したいと考えています。

高校生対象プログラム

講師派遣=出張授業

「先進的研究」をはじめ玉川の学問的業績を高校生に出張講義。生徒の視野を広げ、学修への意欲や将来の夢を刺激します。

授業見学・特別講義・キャンパス見学

豊かな自然と専門的な学問を極める玉川のキャンパスライフを体験。大学を身近に感じ、大学進学への意欲がさらに高まります。

お問い合わせ

高大連携事務局
〒194-8612 東京都町田市玉川学園6-1-1
Tel:042-739-8156