入試Q&A

入学試験について

併願受験について

入試の準備・対策について

公募制推薦入試の出願基準を教えてください。

学習成績を重視する「基準A」、クラブ活動(スポーツ)を重視する「基準B」があります。どちらの基準で出願しても有利・不利はありません。自分に合った出願基準を選択してください。

合否判定の基準点はありますか。

全学統一入試、給付型奨学金入試、学部別入試、センター試験利用試験、国公立大学併願スカラシップ入試のいずれも科目ごとの基準点は設けていません。総合得点で合否を判定します。

学外試験場で受験することはできますか。

全学統一入試(前期)、給付型奨学金入試では、「仙台」・「水戸」・「高崎」・「大宮」・「津田沼」・「池袋」・「立川」・「横浜」・「新潟」・「長野」・「静岡」・「名古屋」の12会場で学外試験場を実施します。本学試験場と同じ試験問題で実施しますので、有利・不利はありません。ぜひ、活用してください。

学部別入試では試験日自由選択制を導入していますが、合否判定はどのように行うのでしょうか。

3日間の試験日の得点を一括して順位を出します。従って、同一学科を複数回受験していずれも高得点を納めた場合は、複数の合格通知が届くことになります。

AO型入学審査で合格した場合、奨学金入試は受けられますか

受けられます。AO型入学審査や推薦入試等ですでに合格している場合でも、給付型奨学金入試、国公立大学併願スカラシップ入試を受験できます。但し、入学手続きが済んでいる学部学科に限ります。

学内併願について教えてください。

学部別入試の「試験日自由選択制」や全学統一入試の導入により学内併願をする方が増えています。併願のパターンとしては同じ学科あるいは同系統の学科を組み合わせて受験するケースが多く見受けられます。いうまでもなく、併願数が多いほど合格率は高くなっています。何回か受験することによって本学の試験の出題傾向にも慣れ、実力が十分発揮できるようになるためと考えられます。

AO型入学審査で受験し、万一合格できなかった場合、どの入学試験を受験できますか。

AO型入学審査の合格発表後に、公募制推薦入学試験・地域創生推薦入試(公募型教員養成推薦)に出願できるよう、日程が組まれています。出願条件を満たせば受験可能ですので、再チャレンジできます。他に全学統一入試、給付型奨学金入試、学部別入試、センター利用試験、国公立大学併願スカラシップ入試の受験も可能です。多くの受験機会を有効に活用してください。

同一試験日に複数の学部・学科へ出願することはできますか。

全学統一入試では、同じ受験科目であれば併願受験が可能です。また、センター試験利用試験(個別試験はありません)も同様に併願受験が可能です。

併願受験をする場合、何かメリットはありますか。

全学統一入試、学部別入試、センター試験利用試験において、各入試制度内で併願受験をする場合、入学検定料割引制度を利用することが可能です。
また、全学統一入試(前期)と給付型奨学金入試、センター試験利用試験(前期)と国公立大学併願スカラシップ入試は、異なる入試制度ですが、併願受験の入学検定料割引制度を導入しています。

キャンパスを見学したいのですが。

キャンパスの見学をご希望の方は、直接キャンパスにお越しください。玉川大学のキャンパスは、平日の9時から16時までの間、自由に見学できます。その他年間を通じてオープンキャンパス等も実施しています。

受験勉強の方法について教えてください。

玉川大学の入試問題は大手予備校の問題分析によると、「難問・奇問が少なく、設問もシンプルでオーソドックス」と評価されています。これは高校の教科書レベルの標準的な出題をめざし、充実した高校生活の延長線上に大学入試を考えているからです。日常の基礎的な積み重ねとともに過去の入試問題等で出題傾向を把握し、効率的な勉強を行ってください。

インターネットを利用して出願できますか。

全学統一入試、給付型奨学金入試、学部別入試、センター試験利用試験、国公立大学併願スカラシップ入試ではパソコンからインターネットを利用して出願。願書を請求する必要がありません。10月上旬より入試要項のダウンロードが可能になります。

入学検定料の振込は銀行だけですか。

全学統一入試、給付型奨学金入試、学部別入試、センター試験利用試験、国公立大学併願スカラシップ入試ではコンビニエンスストア、銀行ATM、クレジットカードでの支払いが可能です。