教育の質保証

玉川学園では、教育の実践に対する社会的な第三者評価を得ることで教育内容のクオリティを継続的に向上させるよう努めています。また様々な教育推進プログラムへ参加し、より高度な研究活動を展開しています。

IB(International Baccalaureate)

スイスに本部を置く国際バカロレア機構(IBO)が、世界を舞台に活躍できる人材育成を目標に、世界各国で通用する高水準の教育カリキュラム実施校を認定します。玉川学園は2009年3月、正式に認定校となり、IB(国際バカロレア)クラスでMYP (Middle Years Programme)とDP(Diploma Programme)を実施しています。

Round Square(ラウンドスクエア)

ラウンドスクエアは、国際規模の私立学校連盟です。年に一度開催される国際会議には、世界各国の140校を越える高校生が集まり、環境や国際的な問題をテーマにしたディスカッション、ボランティア活動など様々な活動が行われます。2005年に日本で初めて正式なメンバー校として認定されました。

CIS(The Council of International Schools)

CISは世界各地の初等・中等学校および大学をメンバーとして、国際教育の向上と発展を支援する非営利団体です。メンバー相互の協力のもと、学校をはじめとする種々の教育機関・個人に専門的な支援を行うことで国際教育を推進します。世界のさまざまな地域がもつ考えや文化、教育を連携させた質の高い国際教育を通じ、グローバルな視野をもつ世界市民の育成に寄与します。玉川学園は2014年12月にメンバー校として認定されました。

Super Science High School(SSH)

スーパーサイエンスハイスクール(SSH)とは、将来の国際的な科学技術系人材を育成することをめざし、理数教育に重点を置いた研究開発の拠点として、文部科学省が指定を行うものです。玉川学園では2008年にその指定を受け、理科教育の実践とカリキュラムの研究開発に2期10年にわたり取り組みました。そして2018年3期目の指定に向け申請を予定しています。

※指定期間(2013〜2017年度)、3期目申請予定

Super Global High school(スーパーグローバルハイスクール)

スーパーグローバルハイスクールは、将来、国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的に、国内の高等学校や中高一貫教育校の中から50校程度を国が指定するものです。今回指定を受けた56校は、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力などの国際的素養を育成するために先駆的な教育課程を研究開発します。

※指定期間(2014〜2018年度)

関連リンク