ICT教育

高度情報化社会に対応した能力を身につける

高度情報化社会で活躍するためには、道具としてPCやネットワークを扱う能力が必要です。玉川学園では小学3年生より情報の授業をスタートさせています。基本操作を覚えることからはじまり、4年生以降では各自がIDを持ち、ネットワーク上のマナーを学びながら、情報収集やプレゼンテーションの道具としての活用法を修得します。

また現代社会では、コンピュータを有効活用して膨大な情報の中から有用な情報を取得すること、またネットワークのマナーを守り、安全かつ適切に情報を利用する力、さらに自ら情報を発信する能力が問われます。そこで中学・高校においては、情報科の教科だけでなく、クロスカリキュラムで他教科でも積極的にコンピュータを活用しています。

いつでも、どこでも(Any Time, Any Place)を実現した充実の情報環境

すべての校舎にコンピュータ教室を配していることはもちろん、校舎内すべてのエリアが有線・無線LANでカバーされており、情報の授業以外でも積極的にコンピュータを活用できる環境を整備しています。まさに、「思った時に」「疑問を抱いた時に」どこでも学習ができる、Any Time, Any Placeの教育を具現化しています。

また高学年校舎には従来の図書館機能に加え、デジタルコンテンツの制作や利用もできる学園MMRC(学園マルチメディアリソースセンター)を設置しています。

さらに玉川学園では、子どもたち(Children)と家庭(Homes)と教師(Teachers)とが一体となって創りあげた独自のネットワーク「CHaT Net」を日々の教育活動に役立てています。

関連リンク