2016年『玉川大学教育博物館 ガスパール・カサド 原智恵子コレクション目録』公開記念 〈特別展〉 デュオ・カサド ―今よみがえるチェリスト ガスパール・カサドとピアニスト原智恵子の世界―

2016.09.12

特別展チラシ

ガスパール・カサド(1897-1966)
原 智恵子(1914-2001)

カサドのポートレイト(20代)

原智恵子のポートレイト(18歳頃)

楽譜(出版譜、手稿譜など)・楽器・プログラム・ポスター・
レコード・写真・遺品などを展示

会期 2016年10月17日(月)~2017年1月22日(日) 休館日 2016年10月29日(土)、30日(日)、11月14日(月)、
19日(土)、 20日(日)、12月24日(土)~2017年1月4日(水)、9日(月)
時間 9:00~17:00(入館は16:30まで) 入場料 無料 主催 玉川大学教育博物館 後援 文化庁・スペイン大使館 協力 京都市交響楽団 会場 玉川大学教育博物館 第2展示室
※小田急線玉川学園前駅下車南口より徒歩15分
※構内は教育活動が行われておりますので、車での来館はご遠慮ください。
※入校時に詰所で入校手続を行ってください。

関連事業

ミニコンサート(入場無料・予約不要)

日時 2016年11月13日(日)、2017年1月15日(日)
両日とも15:00~16:00
会場 玉川学園中学年校舎講堂(教育博物館内から入場)
※開演の10分前までに教育博物館受付にお越しください。
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。

ギャラリートーク(予約不要)

日時 2016年10月27日(木)、11月3日(木・祝)、
8日(火)、12月9日(金)、2017年1月17日(火)
各回とも13:30~14:30
学芸員が展示会場で展示の見どころを解説いたします。
(各回とも同内容)
※当日、教育博物館受付に申し出てください。

ガスパール・カサド没後50年 原智恵子没後15年記念祭関連行事

記念シンポジウム(入場無料・要申込)

2016年10月22日(土) 14:00~

記念演奏会 5,000円(全席自由)

2016年10月23日(日) 14:00開演(13:30開場)

1990年秋、20世紀を代表する世界的音楽家・チェリストのガスパール・カサドと、国際的に活躍した日本人女性ピアニストの草分けである原智恵子夫妻の音楽活動を中心とした資料が、当館に寄贈されました。
以後、資料の調査研究と整理を進め、ガスパール・カサド没後50年・原智恵子没後15年にあたる本年に、カサド・原コレクションの目録刊行、データベース公開とともに、カサド・原智恵子両氏を顕彰する記念行事の一環として特別展を開催いたします。
カサド・原コレクションは、楽譜(出版譜、手稿譜など)、演奏会プログラム、レコード、図書、雑誌など多岐にわたります。手稿譜では、メンデルスゾーンやレスピーギなどの自筆譜に加え、カサド自身の自筆による編曲譜なども数多く存在します。また、出版譜には、19世紀初頭に刊行された楽譜も含まれています。演奏会プログラムは、カサド夫妻はもちろん、同時代の音楽活動を知るきわめて重要な資料といえます。
展示では、カサドと智恵子が〈デュオ・カサド〉として演奏活動を行った1962年から1966年を中心に、音楽家としてのそれぞれのあゆみ、〈デュオ・カサド〉として二人の残した功績を紹介いたします。また、映像・録音資料を視聴できるスペースを設け、開催期間中には関連事業としてギャラリートークのほか、チェロとピアノのミニコンサートも行います。
皆さまのご来館をお待ちいたしております。

原智恵子・第3回ショパン国際
ピアノコンクール褒賞状(1937年)
カサド愛用のチェロ
[京都市交響楽団所有]
10月24日~11月13日の間展示
原智恵子の船旅用大型トランク
原智恵子愛用のピアノ
(10月25日から展示)
デュオ・カサドのポスター
(1963年パリ・サルガヴォ)
写真・デュオ・カサドのポスターの前で
(1963年ニューヨーク)

図録

特別展 デュオ・カサド
―今よみがえるチェリストガスパール・カサド とピアニスト 原智恵子の世界―(2016年)
1,200円
購入は、当館窓口かキャンパスストア(駅前)で。