進捗状況

Tamagawa Vision 2020の現在までの進捗状況をご報告いたします。
下線のある項目をクリックすることにより、詳細な内容をご覧いただけます。

1.玉川教育

2.玉川学園(幼少中高)

3.大学教育・大学院教育・学術研究

4.施設・設備(将来を見据えた施設・設備の整備)
  -Campus Master Plan 2011-2020-

大学教育棟 2014・新食堂棟(2014年12月11日竣工)

大学教育棟 2014は、多様な情報(Multimedia)”の“源(Resource)”を集めた最新機能を備えた図書館であり、アクティブ・ラーニングを推進する「学び、探求し、そして討論しあう場」であるラーニング・コモンズとして学生の学修を支援する施設でもあります。
大学における学習環境は大きく変化しています。10年後、20年後の教育の変化や高度化にも対応できる“新しい教育のかたち”を展開します。
ここをクリックすることにより、詳細な内容をご覧いただけます。

新食堂“KEYAKI”(2012年12月13日竣工)

人を育む場へ

新食堂 "KEYAKI" が、キャンパスライフの新しい風景となり、そこでの人・自然・風景との様々な出会いや対話が、豊かな人間性を育むうえでの大切な要素となります。
玉川学園のめざす全人教育の新たなステージへとつながることを願っています。

Sci Tech Farmとの関わり

西松建設株式会社と玉川大学は、2012年1月に「産学連携に関する協定書」を締結し、新たな農業ビジネスモデルの構築を進めてきました。10月には、「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」を導入したLED農園"Sci Tech Farm"が完成し、一日に600株のリーフレタスを生産しています。
新食堂"KEYAKI"では、LED農園"Sci Tech Farm"で生産されたリーフレタスをサラダバーで提供しています。

Sci Tech Farm(2012年10月1日竣工)

食の安心・安全を第一に、次世代の新たな農業ビジネスモデルを構築したい。そんな思いを胸に、玉川大学と西松建設が進めている産学連携事業、それが独自の最先端技術「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」を導入した「Sci Tech Farm(LED農園)」です。現在、1日600株のリーフレタスを生産。2014年には、レタス以外の農作物も視野に入れた1日3,900株の生産システムを稼働させる予定です。生産性と高品質化を両立させた、新しい農業のカタチがここにあります。

2012年1月、産学連携に関する協定書を締結
(左)玉川大学 学長 小原芳明
(右)西松建設株式会社 代表取締役社長 近藤晴貞

咸宜園(2012年7月2日竣工)

「咸宜園」の模築について

咸宜園は、文化14年(1817)に、江戸時代の儒学者である廣瀬淡窓(1782~1856)が豊後国日田(現・大分県日田市)に創立した私塾です。「咸宜」とは、「みなよろし」という意味で、身分を問わず、学を志す全ての人に開放されました。よって全国から延べ3,000人以上が集まり、ここで学んだと言われています。咸宜園では労作教育、師弟同行、個性尊重などの教育が行われました。
玉川教育と通じる廣瀬淡窓の教えを、身を以って体得するべく、大学生の有志が咸宜園の模築を計画。大学の許可を得たうえで、大分県日田市に出向き、現地調査を行いました。咸宜園の模築は、現在の場所の松林を切り拓き、地ならしをすることから始められ、約2カ年の労作を経て、昭和44年(1969)に完成しました。模築後は、風雨により痛んだ箇所を修理しながら使用してきましたが、築42年が経過した平成23年(2011)11月、建築基準法に適合したかたちで建替工事を行いました。建替えにあたり、外観は既存の咸宜園の姿を忠実に再現しましたが、現在の建築基準法では茅葺屋根が屋根材として認可されないため、現行法規に基づき茅葺屋根に似た色彩の瓦葺きに変更されました。内部については、現在の利用に沿った間取りに若干変更されています。

昭和44年(1969)に玉川の丘に模築された「咸宜園」
現在の「咸宜園」

松下村塾(2012年7月2日竣工)

「松下村塾」の模築について

松下村塾は、天保13年(1842)に幕末の志士として知られる吉田松陰(1830~1859)の叔父玉木文之進が長門国(現・山口県萩市)に開設した私塾です。安政4年(1857)、松陰が主宰となってこれを引き継ぎ、塾生に「勉強はただ知識を得るためのものではなく、それを社会に役立てなくてはならない」と、生きた学問の重要性を説きました。
実践の中に真理をとらえた松陰の思想は、玉川教育に通じるものがあることを知り、山口県出身の大学生たちは、昭和39年(1964)に松下村塾を玉川の丘に模築することを計画。大学の許可を得て、まわりの大学生たちに呼びかけ、約2カ年の労作を経て、昭和41年(1966)に「松下村塾」の模築が完成しました。模築後、風雨により痛んだ箇所を修理して使用してきましたが、築46年が経過した平成23年(2011)11月から、建築基準法に適合したかたちで建替工事を行いました。建替えにあたり、外観は既存の松下村塾の姿を忠実に再現しましたが、内部については天井を少し高くするなど、現在の利用に沿った間取りに若干変更されています。

昭和41年(1966)に玉川の丘に模築された「松下村塾」
現在の「松下村塾」

礼拝堂(2012年5月28日竣工)

改修工事にあたり

現在の礼拝堂は竣工当初1929年の姿とは若干変わっています。基本的な外観や内観を維持しながらも、外部廊下の変更、構造補強、外壁の張り替えなど、度重なる修繕を経て今日のような姿になっています。
2012年5月、約半年間をかけた耐震補修工事が行われ、2階から天井を支える2本の柱の補強と構造壁を増設し、床や天井にも補強をほどこしました。また、屋内の補修には建築デザインの専門家である梅園真咲さん(高等部91年卒・旧姓藤村)の案で、身体に安全な漆喰が採用されました。壁や天井に漆喰を塗る作業は、軍手をした手で直接仕上げる手法を取り入れ、さらに震災で一部破損したパイプオルガンの修理も行いました。椅子は、買換えの案もありましたが、全ての椅子を一端解体し補強をして、既存の形をできるだけ残すことにしました。その4人掛けの椅子の中に、やや丈の低い椅子があります。これは1931年にパイプオルガンを購入したときの梱包資材から作られた椅子です。
礼拝堂にパイプオルガンが設置されたのは1931年。この当時、パイプオルガンは日本にまだ4台しかなく、創立者の小原國芳は、1930年の欧米教育視察の際、アメリカの教会でパイプオルガンの厳かな音を聞き、「宗教教育」にパイプオルガンは欠かせないという強い信念を持たれました。國芳は、オルガン制作世界一の会社であるシカゴのキンボール社に行き、直接交渉の末、パイプオルガンを購入。7月20日、横浜の港から玉川の丘に運ばれ、技師の指導の下、中学生が手伝いながら組み立てられ、約2カ月後の9月13日には、礼拝堂で初演奏会が行われました。

初代のパイプオルガン
現在の礼拝堂

北海道弟子屈農場美留和晴耕塾完成(2014年12月5日竣工)

玉川大学北海道弟子屈農場は、阿寒国立公園内にある摩周湖と屈斜路湖のほぼ中間に位置し、雄大な自然に囲まれた施設です。これまで40年以上にわたり、主に農学部が「全人教育」の理念に基づくフィールド実習の場として利用してきました。
この弟子屈農場に新たに宿泊機能を備えた施設「美留和晴耕塾」を建設しました。「美留和晴耕塾」という名称は、北海道弟子屈の地と晴耕雨読に通じる日本人としての基本を大切にしたいという思いから命名されました。この施設は、十分な断熱性能が完備されているため、年間を通しての利用が可能となり、学修のチャンスは格段に広がります。 「雄大な自然は、それ自体が偉大な教育をしてくれる」という言葉を、利用者の一人ひとりが、一生心に残り続ける学修体験の場として、農学部以外の学部やK-12の教育・研究活動でも活用されることが期待されています。

フードサイエンスホール(2015年7月6日竣工)

「たまがわはちみつ」や「たまがわアイスクリーム」などの玉川学園オリジナル商品は、玉川大学農学部の研究成果を商品として社会へ還元したものです。その生産加工の拠点となってきた「農学部生産加工室」が、装いも新たに「フードサイエンスホール:Food Science Hall」として改築されました。実習室は白を基調に黄色、赤、オレンジなどの料理、調理が楽しく感じるビタミンカラーをアクセントにした室内で、窓の外にはレモン、オリーブ、各種ハーブ類の植栽が映え、その奥には玉川の美しい緑が広がっています。自動昇降可能のテーブル、IHクッキングヒーターなどの設備を整備し、教育学部の調理実習室としても使用します。

ELF Study Hall 2015(2016年3月24日竣工)

玉川大学では2013年から、「ELFプログラム」という新しい英語教育を導入しています。ELF(English as a Lingua Franca)とは、「共通の母語をもたない人同士が意思疎通するための英語」を意味するもので、ELFプログラムでは、いわゆる“ネイティブスピーカー”に合わせた英語ではなく、世界中の人々とコミュニケーションするための、共通語としての英語を身につけます。その学修拠点となるのが、『ELF Study Hall 2015』です。5大陸をモチーフとした赤・青・緑・黄・黒の5色を配したデザインが印象的な建物で、ELFプログラムを学ぶ教室のほか、Active Learning ZoneやSelf-Study Zone、学生ラウンジなどがあり、さまざまな形で学ぶことができる環境が整っています。また、ELF教員の研究室やELFセンター、国際教育センターも同じ建物内にあり、まさに英語学修の拠点となっています。

アクア・アグリステーション(2016年3月24日竣工)

水産資源の新しい養殖技術を研究する施設「アクア・アグリステーション」が完成。この施設では、閉鎖環境におけるアワビの養殖技術を確立し、人類が直面する食料問題の解決を通じての社会貢献をめざします。閉鎖環境というのは、水を入れ替えずにポンプで循環させ、完全に人の手で制御する環境ということです。自然界ではエサが不足して成長が遅れたり、環境の変化で個体数が減少したりすることがありますが、閉鎖環境ではエサも環境も人間が管理するため、そのようなことが起こりません。また、しっかり管理すれば、病気にかかるリスクを軽減できます。アクア・アグリステーションでは、『ゴミを水流で巻き上げて物理的に取り除く技術』『排泄物などに含まれるアンモニア態窒素を、微生物を使って取り除く技術』『水が黄色く濁る原因となる難分解性の高分子物質を、電気分解で取り除く技術』を導入。ほとんど水を入れ替えなくても、きれいに保てるようにしました。

また、アクア・アグリステーション内には見学ルートも設けているので、建物内に一歩踏み込めば、そこはすぐに体験学習の場へと変わります。アクア・アグリステーションではさまざまな方法で水を浄化しています。水流を使った物理的な方法、電気分解を使った化学的な方法、微生物を使った生物学的な方法です。つまり、この浄化システムを見学するだけでも、物理・化学・生物という3科目を組み合わせた学習ができるということになります。そして、生物多様性を守る意味や、安全・安心な食の大切さを考えるきっかけにもなることでしょう。

University Concert Hall 2016(2016年9月28日竣工)

『University Concert Hall 2016』の大ホール「Marble」は、玉川の音楽教育の歴史の継承にふさわしい音響環境を完備し、コンサートホールとしての利用はもちろんのこと、400インチのスクリーンが設置され、講演会や発表会など多岐にわたる利用が可能なホールとなっています。さらに今回の改修で、室内音響環境を向上させるための改善を行いました。舞台正面の壁を4°傾けて、音が広範囲に広がるようにし、天井形状を改善しホール全体を良い音響にしました。また、ホール入口を二重扉化し防音性を高めました。さらに演奏だけでなく各種講演にも活用できるよう、舞台正面壁に昇降式の吸音幕を設置しています。これによりマイクの音の響きを抑え、話しやすく聴きやすくしました。
また、小ホール・101は、床の形状を段床形状にすることにより、オーケストラの練習などにも対応できるようになっています。
『University Concert Hall 2016』はコンサートホールとしての機能だけでなく、主体的な学修に対応した施設として、壁面にガラスを多用し、ピアノや管楽器、声楽等の授業や練習に使用するための「レッスン室」、明るい学修空間の「教室」、学友との集いに最適な「学生ラウンジ」や、独りでも大勢でも勉学に活用できる「ハイカウンター」や「ブース」などを設けています。

関連リンク