玉川学園(幼小中高)

玉川学園(幼小中高)の質保証

子供たち一人ひとりが、人格の完成を目指し、個人として自立し、それぞれの個性や能力を伸ばし、その可能性を開花させるための基礎を培うことは、学校教育の重要な役割です。また、我が国が変動の激しいこれからの時代において、世界に貢献する品格ある文化国家として展開するためには、国家・社会の形成者として、それぞれの分野で存分に活躍することのできる基盤を、児童・生徒一人ひとりの内に、学校教育を通じて培う必要があります。
この基盤となる力は、グローバル化や社会の多様化等の進展の中でも、将来にわたり通用し続けるものでなければなりません。各学校段階での教育を通じて、適切に、確実に具現化していくことが求められています。
こうした社会からの要請に応えるため、本学ではK-12教育におけるビジョンを掲げ、21世紀を生きる子どもたちの教育の充実を目指していきます。
これらの取組を実践することにより、持続的に「K-12教育の質保証」を行い、K-12教育におけるTamagawa Vision 2020として掲げた目標を達成していきます。

  1. 子どもの学習力の向上
  2. 子どもの生活力の向上
  3. 教職員の資質・能力の向上
  4. One Campusゆえに可能なK-16教育連携
  5. 特色ある玉川教育の実践

関連リンク