学術研究

学術研究の質保証

大学の使命は教育、研究、社会貢献といわれています。これらの使命はそれぞれ切り離して機能しているものではありません。研究の成果は、教育や社会に還元され、人類の知的共有財産として、社会の発展にも大きく寄与しています。また、学術研究の発展が現代社会で求められる多様で高度な教育を実現するために不可欠となっています。
本学では、個人研究や共同研究はもとより、附置研究機関における一層の研究の質や水準の向上を図るため、学術研究におけるビジョンを掲げ、先進的な研究で未来を創造していきます。
これらの取組を実践することにより、持続的に「学術研究の質保証」を行い、学術研究におけるTamagawa Vision 2020として掲げた目標を達成していきます。

  1. 研究の活性化を促進
  2. 先端領域研究の推進と牽引
  3. 学際的協力研究の推進
  4. 学部と大学院教育における研究課題の充実

関連リンク