鈴木コレクション おもちゃ絵の世界

2010.10.25

内容:おもちゃ絵の実物資料と複製による組立完成形を展示
会期:
・Ⅰ期 2010年10月25日(月)~2010年12月3日(金)
玉川大学教育博物館所蔵資料
組上燈籠絵・物尽くし絵・姉様・両面絵・着せ替え絵・変り絵・ 武者絵・教育絵など実物資料約90点
複製による完成品約40点を展示
・Ⅱ期 2010年12月10日(金)~2011年1月28日(金)
財団法人松竹大谷図書館所蔵資料
歌舞伎関係の組上燈籠絵など実物資料約90点
複製による完成品約60点を展示
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
主催:玉川大学教育博物館・財団法人松竹大谷図書館
会場:玉川大学教育博物館第2展示室
※小田急線玉川学園前駅下車徒歩15分
※構内は教育活動が行われておりますので、車での来館はご遠慮ください。

教育博物館までのアクセス
入場料:無料
休館日:土曜日・日曜日
11月9日、10日・12月25日~1月6日、1月10日
(11月3・6・7・14・23、12月12・18・19・23、1月22・23日は開館します。
※11月6・7日はコスモス祭(大学祭)が開催されます。この機会にお足をお運びください。
※12月18・19日は玉川学園展'10(9-12年生)が開催されます。この機会に足をお運びください。)

この展覧会は、玉川大学教育博物館と財団法人松竹大谷図書館に所蔵されているおもちゃ絵(鈴木コレクション)を紹介するものです。両館が所蔵する資料は、いずれも鈴木三郎助氏から寄贈を受けたもので、 玉川大学には、組上燈籠絵・物尽くし絵・姉様・両面絵・着せ替え絵・変り絵・武者絵・ 教育絵など91種、松竹大谷図書館では芝居関係の組上燈籠絵を中心とした資料93種を所蔵しています。江戸から大正期にかけてつくられたこれらの資料は、おもちゃ絵発達の 歴史がたどれる貴重なコレクションといえます。

おもちゃ絵とは

おもちゃ絵とは、簡単にいえば子ども用錦絵であり、一枚摺り・多色刷り木版画として江戸時代以降大いに流行しました。対象は子どもでしたが、中には組立燈籠絵のように子どもから大人まで楽しめる内容のものも多くあります。その種類は多様で、ハサミや刃物で図を切り取り、風景や芝居舞台を組み立てる組上燈籠絵のほか、着せ替え絵、紙相撲、メンコ、カルタ、絵合わせ、福笑いなどのように玩具・遊具として使用するものや豆本、絵巻風に仕立てて観賞するものなどがあります。

学校生徒体操錺立之図
祇園祭礼信仰記金閣寺の場
上野公園動物園

講演会(いずれも要予約)

11月14日(日)13:30~14:45
講師:柿崎博孝(玉川大学教育博物館准教授)
内容:「鈴木コレクションからおもちゃ絵の世界をみる」
会場:大学8号館123教室

12月12日(日)13:30~14:15
講師:藤澤紫(玉川大学芸術学部非常勤講師)
内容:「浮世絵と歌舞伎ー組上燈籠を中心に」
会場:大学8号館123教室

講演会申込方法

各講演会の10日前まで(必着)に、往復葉書で、
(1)参加希望の講演会日、(2)参加者氏名(複数名申込可)、
(3)代表者の住所、氏名・電話番号を明記のうえ、当館までお送りください。
宛先:〒194-8610
東京都町田市玉川学園6-1-1
玉川大学教育博物館

個人情報の取り扱いについて

ご注文にあたってお知らせいただいた住所・氏名・電話番号・eメールアドレス、その他の個人情報は、ご購入物の発送、請求業務を目的とした利用以外には一切使用いたしません。また、当該業務を外部には委託いたしません。

個人情報保護への取り組み

玉川学園・玉川大学における個人情報保護への具体的な取り組みについて紹介しています。

ギャラリートーク(予約不要)

2010年11月19日(金)、12月3日(金)、12月17日(金)、2011年1月23日(日)
いずれも11:00~12:00 教育博物館展覧会場
当館学芸員が展示室内で展示資料等について解説を行います。

図録「鈴木コレクション おもちゃ絵の世界」・組上燈籠〈復刻版〉を販売しています。
(いずれも価格は税込)
購入は、当館窓口かキャンパスストア(駅前)で。

鈴木コレクション おもちゃ絵の世界(2010)
1,200円

上野公園動物園組上ケ(復刻版)
1,260円
詳細はこちら

祇園祭礼信仰記金閣寺の場(復刻版)
1,260円
詳細はこちら