農学研究科

農学研究科は、1977年に修士課程、1979年には博士課程が設置され、40年の歴史を持っています。資源生物学一専攻の小さな所帯ながらも、応用植物科学、生理学・生化学、応用動物昆虫科学、微生物科学、食料科学、生態系科学の6分野を擁し、その教育研究の目的を、生物の諸機能を生物学的および化学的に解明し、資源生物として改善、生産性の向上を図ることし、いまだ未利用の生物資源や新しい機能の開発・応用ができる研究者、技術者の養成を目指しています。また、農学のフィールドはヒトと生命、そして地球環境という壮大なテーマに開かれているとの認識に立ち、生命、健康、食糧、エネルギー問題など山積する課題の解決者、またその際、生物資源と環境動態の知識に裏打ちされた「地球共生系」の考えを重視、リサイクルや地球環境の保全に配慮し、先進のバイオテクノロジーに対しても、倫理観のある人材の育成に努めています。

農学研究科には、資源生物学専攻(修士課程)と資源生物学専攻(博士課後期)がある

2009年には農学研究科の全ての研究室が、大学6号館(SCIENCE HALL, 写真)に移転しました。また、2010年には最先端科学技術研究の新たな施設(Future Sci Tech Lab)が完成、宇宙空間での作物の栽培をも視野に入れた最新型LEDによる植物工場での研究が、学術研究所との更なるコラボレーションによって進められています。

人材養成等教育研究に係る目的

農学研究科は、その教育研究の目的を、栽培植物、動物、森林、微生物の諸機能を生物学的および化学的に解明し、それらの資源生物としての改善、生産性の向上を図ることとし、いまだ未利用の生物資源や新しい機能の開発・応用ができる研究者、技術者の養成を目指します。「農学=農業のための学問」の時代は終わり、農学のフィールドはヒトと生命、そして地球環境という壮大なテーマに開かれています。生命、健康、食糧、エネルギー問題など山積する課題の解決者となることが期待されます。生物資源と環境動態の知識に裏打ちされた「地球共生系」の考えを重視、リサイクルや地球環境の保全に配慮し、先進のバイオテクノロジーに対しても、倫理観のある応用ができる人材の養成に努めています。