コンプライアンス方針

学校法人玉川学園 コンプライアンス方針

学校法人玉川学園(以下「本学園」という。)は教育・研究機関として、本学園に対する社会からの期待や要請を的確に捉え、法規範を遵守し、本学園の資源と責任の範囲において適宜適切な対応を行います。 私たち教職員(以下「私たち」という。)は、ここに定める「コンプライアンス方針」に従い、全学園一致協力のもと国内外から信頼を得られる総合学園としての教育・研究活動を推進します。

  • 1.
    人格の尊重
    私たちは、性別、国籍、人種、地位、思想、宗教等によるいわれのない差別やハラスメントを一切行わず、児童・生徒・学生をはじめとして、私たち自身や学園活動に係る関係者一人ひとりを尊重する学園風土を醸成します。
  • 2.
    社会そして学園構成員としての自覚
    私たちは、法令や組織のルールの遵守はもとより、社会で共有される道徳観、さらには本学園に対する社会の期待と本学園支援者に対する感謝の念を常に意識した、倫理的行動のリーダーであり続けることで教育・研究機関としての名誉や信用を高めます。
  • 3.
    公平・公正の原理
    私たちは、教育・研究機関として児童・生徒・学生をはじめとして、卒業生や受験生、取引先、さらには私たち自身やさまざまな利害関係者に対して、常に公平・公正を心がけます。
  • 4.
    健全な職場環境
    私たちは、個人が自分の職務を全うし、かつ円滑なコミュニケーションを図り、個々の能力が十分に発揮でき、安全で健康的かつ働きがいのある職場環境を確保するよう努めます。
  • 5.
    学習環境・生活環境の整備
    私たちは、児童・生徒・学生が十分な学習効果を得るために、教材の厳選や教授法の工夫改善、コンピュータとネットワークを活用した能率高き教育を推進するとともに、児童・生徒・学生が安心して教育を受けられるための安全な学習環境及び生活環境の整備に努めます。
  • 6.
    情報と資産の適正な管理
    私たちは、本学園におけるさまざまな情報と資産について適正な管理を徹底します。 それには、私たちが業務上知り得た個人情報や知的財産権などについて、不正や漏洩が生じないように管理し、適正に取扱います。 また、本学園の設備、備品、資金については正当な業務の目的のみに使用し、これら財産の紛失、漏出、盗難、不正利用を招かないよう厳しく管理します。
  • 7.
    社会への貢献と責任
    私たちは、研究活動による社会の発展への貢献と、社会が求める有為なる人材を育成する責任を確実に果たします。
    そのためにも、教育・研究活動に係る情報を適切に開示して、本学園に対する理解と信頼の向上に努めます。
    また、本学園におけるすべての学術研究は信頼性と公正性を確保し、その研究成果については本学園の教育及び社会へ還元することとします。
  • 8.
    地球環境への責任
    私たちは、国際社会の一員として、地球の温暖化防止を積極的に取り組んでいくべき重要課題の一つと認識し、児童・生徒・学生および私たちが一丸となって環境保全や資源保護に努めます。
  • 9.
    毅然とした態度
    私たちは、社会と良好・健全な関係を構築するために、あらゆる不適切な関係は持たず、また社会秩序に脅威を与える団体や個人に対しては毅然とした態度で臨みます。

2010年4月1日
学校法人 玉川学園
理事長
小原芳明

関連リンク