本学卒業生 川崎桜子さん(2012年高等部卒)が、リオデジャネイロ五輪7人制ラグビーのレフリーに選ばれました

2016.04.13

本学高等部2012年に卒業した川崎桜子さん(所属:関東ラグビー協会、山小電機製作所)が、リオ五輪で行われる7人制ラグビーのレフリーに選ばれました。これはラグビーの国際統括機関であるWorld Rugby(ワールドラグビー)の推薦を受け、公式に選ばれたものです。

川崎さんは、小学部から高等部まで玉川学園に在籍し、玉川っ子としての学園生活を送りました。特に高等部のクラブ活動では、ラグビー部に所属しマネージャーを務めました。

ラグビーへの熱い思いから帝京大学へ進み、同大唯一の女子選手、そして大学2年生の時に同大初の女性レフリーに転向しました。日本ラグビー協会「女子レフリーアカデミー制度」の第2期生として、世界でチャレンジできるレフリーとしての養成を受け、2014年5月、オランダ・アムステルダムセブンズでデビュー後、国際大会での経験を積み上げ、現在に至っています。

ラグビーの試合でレフリーを務める川崎桜子さん(2012年高等部卒)

今春、大学を卒業後、会社に勤めながら女性レフリーとして活動する川崎さん。8月、リオデジャネイロ五輪のピッチで毅然と笛を吹く、川崎さんへの応援をどうぞよろしくお願いいたします。