玉川大学と福島県玉川村が包括連携の協定を締結しました

2017.01.26

産業、教育、文化、環境、学術等の分野において相互に協力

締結式の様子
(左:玉川村村長 石森春男氏、右:玉川大学学長 小原芳明)

玉川大学と玉川村とは、2017年1月20日に「連携・協力に関する基本協定」を締結し、今後、官学連携の取り組みを進めてまいります。

本協定の締結により、今後、玉川村は、玉川大学との連携を進め、産業、教育、文化、環境、学術等の分野において相互に協力し、地域の発展と人材育成に向け発信していきます。

玉川大学・玉川村協定に基づく連携事項

  1. まちづくりの推進に関すること。
  2. 産業の振興に関すること。
  3. 教育・文化の振興、生涯学習の推進に関すること。
  4. 環境保全に関すること。
  5. 人材の育成に関すること。
  6. 学生のインターンシップやフィールドワークに関すること。
  7. その他、玉川大学と玉川村が必要と認める事項。

玉川村の紹介

福島県玉川村は豊かな自然に恵まれた人口約6,700人の村です。「未来(あす)が輝く村づくり、“元気な”たまかわ」をスローガンに村民との協働により、共に歩み育む、心豊かな村づくりの実現に向けて行政推進を図っています。

今年度の具体的な取り組み

玉川村特産品の「さるなしドリンク」や「さるなしワイン」のパッケージデザインのリニューアルを芸術学部の学生が取り組んでいます。
9月17日~19日、11月12日~13日と現地調査を行い、生産者や役場の方との打合せ、地域住民との交流も行っています。村内見学も実施し、デザインのヒントとなるような素材集めを行いました。