学外の学びの場

学生の学びの場は、都内のキャンパスだけではありません。
亜寒帯気候に属する北海道弟子屈町においては、広大な北海道弟子屈農場を有しています。南は鹿児島県南さつま市坊津町に、温暖な気候を活かしてカンキツ類などを試験栽培する鹿児島南さつま久志農場があります。またキャンパスから日帰りが可能な施設として箱根自然観察林があり、自然環境教育に幅広く活用されています。海外にはカナダBC州ナナイモ市郊外の玉川学園カナダ・ナナイモ校地があり、校地を利用しての環境生態調査のほか、高いレベルの語学研修の拠点となっています。これらは農学部の海外プログラムを中心に、多くの生徒や学生の教育の場として使われています。

箱根(神奈川県箱根町)

箱根自然観察林
神奈川県西部箱根町の南東側に位置し、約77万m2にわたる演習林が広がっています。林内入り口には研修宿泊施設もあり、現在では農学部の実習教育や調査研究のフィールドとして利用されています。

北海道(北海道弟子屈町)

北海道 弟子屈農場 約122万m2
北海道道東の屈斜路湖と摩周湖の間に位置し、美留和および屈斜路の2か所に約122万m2にわたる農場、演習林が広がる。肥育牛の飼育、ソバ、ブドウの栽培、造林が行われる他、豊かな自然環境の中での生態系研究フィールドとして、主に農学部性の農場実習、卒業研究等の拠点となっています。また、2014年には農場内に宿泊機能を備えた美留和晴耕塾が竣功され、多くの研究、教育活動への活用が期待されています。

鹿児島(鹿児島県南さつま市坊津町久志)

鹿児島 南さつま久志農場
薩摩半島の最南西端に位置し、総面積は約10万m2です。ポンカンを中心とするカンキツ類の栽培、冬季温暖な気候を利用したパッションフルーツやマンゴーなどの熱帯果樹などの試験栽培を行っています。周辺部の自然環境も含め、主に農学部生の農場実習、卒業研究等の拠点となっています。

カナダ(カナダ ブリティッシュ・コロンビア州ナナイモ市)

カナダ西部、バンクーバー島の南部に位置し、総面積は約32万m2です。農学部とバンクーバーアイランド大学との共同開発プログラムの拠点となっています。さらに教育学部の野外教育演習や玉川学園8年生の体験学習プログラムが展開されるなど、玉川大学および玉川学園の海外研修の場として幅広く活用されています。

関連リンク