幼稚部の入園式。今日から「きれいな心・よい頭・つよい体」の新しい玉川っ子です。

2016.04.13

4月5日(火)、桜咲くなか、幼稚部の入園式が行われました。

会場となった幼稚部のホールには在園児とその保護者の方が集まり、新入園児の入場を首を長くして待っていました。この日司会を担当した4年生児童の「それでは新入生の皆さんを紹介します」という案内で、いよいよ新入園児が登場しました。

お父さんやお母さんと手をつないでホールに入ってきた子供たちは少し緊張した面持ちですが、名前を呼ばれると「はい!」と返事をし、大きな拍手で迎えられました。

紹介が終わると、小原芳明学園長からの祝辞がありました。

「今日から皆さんは玉川っ子です。玉川っ子には“3つのやくそく”があります。きれいな心・よい頭・つよい体です。新しい仲間と仲良くし、たくさんの言葉を習い、元気いっぱい身体を動かしてください。そしてみんなが素晴らしい人となってくれることを楽しみにしています」

そして保護者の皆さんにも「今日から、子供たちにとって楽しみと不安が交差する幼稚部生活が始まります。楽しみを共有し、そして背中を優しくさすってあげて、不安を取り除いてあげて下さい」というメッセージが送られました。


幼稚部を卒業し、現在は4年生になった児童からは「皆さん、ご入園おめでとうございます。幼稚部では砂場で遊んだり、経塚山でどんぐりを拾ったりと、楽しいことがたくさんあります。また音楽祭もあって、ファーストのお兄さんやお姉さんとたくさんの歌を歌います。玉川学園は歌をたくさん歌うので、私は大好きです。この他にも幼稚部には楽しいことがいっぱいあります。皆さんも先生やお友達と一緒に毎日楽しく過ごしてくださいね」とお祝いの言葉がありました。

年長組のお兄さん、お姉さんからも「ご入園おめでとうございます。一緒に仲良く遊びましょうね」というメッセージと歌のプレゼント「ようちぶにはいったらね」がありました。
こうして、入園式は無事に終了しました。

新入園児に先立ち、先生の指示に従って一列で会場を後にする在園児たち。今はまだ少し不安そうな新入園児たちも、1年後にはお兄さんやお姉さんのように成長することでしょう。
今年度からは、低学年からのバイリンガルプログラム「BLES(ブレス)」に無理なくつなげるための「BLES-K(ブレス-K)」がスタートします。
幼稚部で多くのことを学び、たくさんの思い出を作ってください。
みなさん入園おめでとうございます。