警視庁デザインプロジェクト 感謝状授与式とお披露目式の開催について

2014.11.27

芸術学部の学生がデザインした「看板型の交通安全標識」が採用され、11月13日に警視庁主催の感謝状授与式とお披露目式が港区芝公園で行われました。

「警視庁交通安全デザインプロジェクト」は、警視庁交通部と芸術学部の官学連携プロジェクトです。

近年、歩行者側の交通違反が原因となって発生した交通事故が多く、特に高齢者が事故に遭う割合が高くなっています。そこで、歩行者に横断禁止場所の横断をとどまらせるような「横断禁止場所の標識」のデザインをしました。約200名の学生がデザイン案を作成し、学年を問わず多くの応募作品が集まり、25作品が入選作品として学内の公開審査会に進みました。その後、警視庁の審査を経て2作品が実際に「看板型の交通安全標識」のデザインとして正式に採用されました。

今回は、その感謝状授与式が行われ、デザインを担当した学生は、インタビューに対し作品のコンセプトや工夫した点を紹介しました。授与式に出席したメディア・アーツ学科4年の高橋真凛さんは、「お地蔵さんに見られていると違反しにくいと思った。自分のデザインで横断禁止場所だと気づいてもらえたらうれしい」と話してくれました。

また当日は、保育園の園児を対象としたワークショップも企画しました。多数の園児が参加し、交通安全の意識の向上に貢献することができました。

【名称】 「交通安全(横断禁止)を呼びかける看板のお披露目式」
【日時】 2014年11月13日(木)14:15~16:00
【場所】 港区 芝公園
【主催】 警視庁交通部
【協力】 (一財)東京都交通安全協会

◎感謝状が授与された学生
 メディア・アーツ学科  4年 片岡栞
 メディア・アーツ学科  4年 古口恭平
 メディア・アーツ学科  4年 高橋真凛
 ビジュアル・アーツ学科 2年 丸林咲里

◎保育園の園児を対象とし、企画したワークショップ
【白バイ体験乗車 記念撮影】
会場で警視庁の方が白バイの展示と体験乗車を行いました。本学の学生がインスタントカメラで記念撮影を行い、台紙に貼って園児にプレゼントしました。

【ピーポくん・ぬりえコーナー】
保育園児に色の名前や塗り方などを指導しながら、交通安全に対する意識を高めるための声かけを心掛け、楽しい一時を過ごしました。

◎ワークショップ協力学生
 ビジュアル・アーツ学科 4年 佐藤瑠夏
 ビジュアル・アーツ学科 4年 長堀広志
 メディア・アーツ学科  4年 伊藤陽香
 メディア・アーツ学科  4年 瀧本佳奈実
 メディア・アーツ学科  3年 赤嶺ひとみ
 メディア・デザイン学科 1年 菊池桃佳
 メディア・デザイン学科 1年 滝上陽子
 メディア・デザイン学科 1年 西田理佐子

◎交通安全キャンペーン・ボランティア参加学生
 メディア・アーツ学科  3年 小山ちはる
 メディア・アーツ学科  3年 矢島龍平
 メディア・アーツ学科  4年 伊藤陽香
 メディア・アーツ学科  4年 片岡栞
 メディア・アーツ学科  4年 高橋真凜
 メディア・アーツ学科  4年 本永修平
 メディア・アーツ学科  4年 瀧本佳奈実
 ビジュアル・アーツ学科 4年 千代延拓真
 ビジュアル・アーツ学科 4年 長堀広志
 ビジュアル・アーツ学科 4年 佐藤瑠夏
 ビジュアル・アーツ学科 4年 荻谷美帆
 ビジュアル・アーツ学科 4年 佐藤紗
 ビジュアル・アーツ学科 4年 中島理沙
 ビジュアル・アーツ学科 4年 三谷彩
 ビジュアル・アーツ学科 3年 伊藤聖美
 ビジュアル・アーツ学科 3年 本山百合恵
 ビジュアル・アーツ学科 3年 清水結佳理
 ビジュアル・アーツ学科 2年 丸林咲里
 ビジュアル・アーツ学科 2年 本山百合恵
 メディア・デザイン学科 1年 滝上陽子
 メディア・デザイン学科 1年 渡辺航平

◎指導教員
 企画・運営:
  小倉康之(メディア・デザイン学科教授)
  伊藤菜美子(メディア・デザイン学科助手)
 デザイン指導:
  大島由久(本学非常勤講師・デザイナー)
  加藤弥生(本学実技指導員・デザイナー)
 ワークショップ・ボランティア指導:
  椿敏幸(芸術教育学科准教授)
  髙橋愛(芸術教育学科助教)
  丸山松彦(メディア・デザイン学科助教)
 参加学生:
  アートボランティアサークル「START」
  教職課程受講生
  メディア・デザイン理論基礎受講生

■報道
 NHK首都圏ニュース(11月13日放送)
 NHKラジオニュース(11月13日放送)
 東京新聞(11月14日朝刊)
 その他