脳科学研究科 脳科学専攻(博士課程後期)

神経情報処理の仕組みを理解し新たな脳型情報処理の創出を目指す脳型計算論研究と、脳の働きを科学的に 探求し人間の持つ豊かな心と社会の理解を目指す脳・神経学際研究を担う、研究者や技術者、教育者を養成します。

技術者 研究者 教育者

脳科学専攻(博士課程後期)

数理・工学的アプローチ

脳型計算論研究プログラム

博士(工学)
Ph.D in Engineering
脳科学研究法
コミュニケーションロボット工学
脳型学習システム
神経科学・心理学的アプローチ

脳・神経学際研究プログラム

博士(学術)
Ph.D in Neurosciences
脳科学研究法
病態神経科学
心理物理学

脳科学計測・解析手法

計算論的神経科学
コンピュータシミュレーション実験法
システム神経科学論
システム神経科学実験法
発達科学
発達科学実験法
脳画像解析学
ニューロイメージング実験法

導入科目(必修)

研究者倫理論
脳科学先端セミナー

ディプロマ・ポリシー

ヒトの情報創成のメカニズムを科学的に探究し人間の持つ豊かな心と社会を学際的な視点から研究する脳・神経学際研究または神経情報処理のしくみの理解とその計算科学への応用を目指す脳型計算論研究を担う創造性豊かな研究者、技術者を育成する。

脳科学専攻(博士課程後期)のカリキュラムにおいて所定の単位を修得し、提出された博士論文が審査のうえ合格と判定された者は、以下に掲げる能力を身につけていると判断され、博士(学術)または博士(工学)の学位が授与される。

  • 人間理解、思考・推論の脳機能理解を通してヒトの情報創成のメカニズムをさぐる脳・ 神経学際研究を自立して担うとともに、その成果を用いて広く社会に貢献する能力(学位:博士(学術))
  • 神経活動の数理モデル化から神経情報処理のしくみの解明とその応用を目指す脳型計 算論研究を自立して担うとともに、その成果の工学応用を通じて社会に貢献する能力(学位:博士(工学))

カリキュラム・ポリシー

国際的にも通用する、脳型計算論研究、脳・神経学際研究を進めるにいたる知識、技術をもった研究者・技術者養成を目指した教育を行う。具体的には、脳型計算論研究、脳・神経学際研究それぞれの研究分野に応じて専門性をより高めるために設定した「脳科学専門科目」、狭い範囲の研究領域のみならず、幅広く高度な知識、能力が身につけられるように設定した「脳科学関連科目」、研究計画の作成から論文作成に至る研究の方法論を学ぶ「脳科学研究法」の各科目群を設け、教育目標に応じた授業科目を体系的に配置する。

アドミッション・ポリシー

脳科学の各研究領域で必要とされる基礎知識を有し、より高度な専門知識の獲得とそれを応用して独創的な研究に取り組む意欲を持ち、さらには脳科学の発展と社会の要請に寄与する大いなる情熱を持った人物を求める。