脳科学研究所

Tamagawa University Brain Science Institute

脳科学と人文・社会科学の融合による新しい心の科学の創成を目指して

玉川大学 脳科学研究所長 小松 英彦

脳科学研究所は、1996年に学術研究所に開設された脳科学研究施設を母体に、2007年4月に設置されました。また、脳科学研究所の教員が中心となって、大学院脳情報研究科博士後期課程を2010年4月に開設し、更に2014年4月には脳情報研究科の改組と脳科学研究科修士課程、博士後期課程を新規開設しました。こうして、教育研究組織としての脳科学研究所が生まれました。“こころ”のはたらきの基盤となる感覚認知と行動、推論や創造、喜怒哀楽の感情、そして知性や感情をコントロールする意志などについて、脳のしくみを研究しています。また、心の社会性に関する心理学・脳科学研究、乳幼児の言語発達や認知機能の研究、人間の知能の一部をロボットに実現させる研究などを精力的に進めています。これらの学際的研究・教育活動を通して、独創性の高い研究成果を着実に発信するとともに、心の科学と教育を行う次世代リーダーの育成を目指しています。

関連リンク

お問い合わせ先:玉川大学 学術研究所 研究促進室

        〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
        電話:042-739-8666
        FAX:042-739-8663
        E-MAIL:t.instit@adm.tamagawa.ac.jp