健康院について

キャンパス内にある診療所です(玉川大学・玉川学園の健康管理施設)。
診療は本学の学生・生徒・児童・園児および教職員が対象です。

昭和5年

健康院は玉川学園開校の翌年、昭和5年に玉川学園前駅の北を通る道路向かいに建てられました。
「健康院」という名称は、病気になってから行くところではなく、健康を守り高めるための施設という意味でつけられました。
玉川学園創立者の小原國芳は本学の診療所について「私どもは「健康院」と呼びます。病気になったら無論、仕方がありませぬから早く手当しますが、その前にいかにして病気にならぬか、いかにして健康を増進するか、いかにして長命するかという大きな問題があります」と述べています(『玉川塾の教育』より)。

昭和35年

玉川学園開校当時、付近に医療機関はなく、隣の町田町にも数件の医院があるだけで、健康院は学園の学生・教職員だけでなく地域住民の医療も行ってきました。
昭和30年代に入り、学園地区に多くの診療所が開業する一方、玉川学園では組織や人員を整備拡大していく時期となりました。このため健康院は、学内の健康管理業務を主体とした医療をめざし、組織と施設の充実をはかるため、昭和35年にキャンパスの中央に移転しました。現在、本学の学生や教職員の健康管理と診療を行っています。