教育実習・介護等の体験

教育実習

渋谷区内の公立小学校での教育実習

教育実習は実際の教育現場で学習をするもので、児童・生徒に多大な影響をおよぼします。気軽に受講できる性質のものではありません。したがって、教育実習の受講にあたっては、本学内で行う教育実習事前指導の受講および本学が定める受講資格(修得科目単位等の規定)を充足することが必要です。なお、本学では、一部の地域を除き出身校や居住地近隣で実習校を自己開拓する方法が一般的ですが、要件が整えば、学内に併設されている玉川学園K‐12(幼稚園から高等学校)での教育実習も受講できます。

受講の時期

教育実習に際しての詳細は、実習受け入れ校の事情により決定します。基本的には、教育実習校の年間授業計画にそって受講の時期を定めることになります。そのため、早い時期に教育実習受講資格充足までの学習計画を立て、およその目安をもって、教育実習希望校へ受け入れの依頼を行います。受講の時期は、原則3年次となります。しかし、地域によっては特別な手続きを要し、4年次になるところもあります。

教育実習

STUDENT VOICE

子供たち一人ひとりと信頼関係を築きたい
小学校コース 岩間 竜一さん(東京都在住)小学校コース
岩間 竜一さん(東京都在住)

小学生の時、学校の展覧会に出す“将来の夢”と題した絵で教師になった自分を描いた私。その頃の思いのまま教育実習で念願の教壇に立ち、子供たちから「せんせい!」と呼ばれると身が引き締まる思いがしました。
ふだんから学童保育の非常勤職員として多くの小学生と接していますが、やはり授業をするとなると緊張感がまったく違います。スクーリングの講義や事前指導を思い出しながら、自分なりに子供たちの中に入って信頼関係を構築しようと努力しました。実習期間中は現場の先生方からもたくさんの有益なアドバイスをいただきました。ある先生に「教師として一番大切にしていることは何ですか?」と尋ねたら「すべての児童が同じ環境で平等に学べるようにすること」と返ってきた言葉が印象的でした。私もそのような教師をめざしたいと思っています。

介護等の体験

介護等の体験イメージ

小学校・中学校の教員免許状を取得するためには、「介護等の体験」が必要になります。「介護等の体験」とは、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で行う体験と、特別支援学校で行う体験との2種類に大別され、それぞれにおいて決められた期間での体験が必要になります。体験の主な内容は、障がい者、高齢者などとの交流や介護、介助のほか、受入れ施設・学校職員の業務補助などが想定されています。体験の期間は、特別養護老人ホームなどの社会福祉施設で5日間、特別支援学校での体験が2日間、合計7日間です。

体験先・時期の決定について

「介護等の体験」の申し込みについてはすべて大学が一括して行います。社会福祉施設の体験は各都道府県の社会福祉協議会、特別支援学校の体験は各都道府県の教育委員会が窓口となります。 一部の地域では、体験時期などの希望調査を行う場合もありますが、一般的には社会福祉協議会、教育委員会から指定された期間に、指定された施設・学校で行うことになります。

介護等の体験

STUDENT VOICE

一人ひとりと向き合うことの大切さ
小学校コース 古村 麻貴さん(東京都在住)社会コース
古村 麻貴さん(東京都在住)

特別支援学校と社会福祉施設での7日間は、座学では実感できない厳しい現実と向き合う経験でした。子供たちやお年寄りの予想がつかない反応に驚いたり、うろたえたりもしましたが、その中であらためて「一人ひとりと向き合う」大切さを痛感。福祉の世界も、私がめざす教育の世界も、まず一人ひとりと信頼関係を築くことから始まります。この経験を糧に、生徒を心から愛せる教員をめざして頑張りたいです。

関連リンク