5/26(木)~29(日)玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 春学期演劇公演「The Long Voyage Home」開催のご案内

2016.05.09

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科では、毎年舞台公演を実施しています。
今年最初の公演は、普段使用している演劇スタジオではなく、作品に合わせ空間を創り上げた特設の小劇場で上演します。

THE LONG VOYAGE HOME

アメリカ演劇の父ユージーン・オニールの戯曲に初挑戦! 下級船員たちの生き様を詩情豊かに描く

2016年度玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科の舞台公演の第1弾は、アメリカを代表する劇作家の1人ユージーン・オニールの戯曲に初めて挑戦します。ノーベル文学賞を受賞し、「アメリカ演劇の父」と呼ばれる彼の一幕劇から、選りすぐりの4作品を長編として一挙に上演します。

ユージーン・オニールが実際に体験した水夫生活を元に書かれた一連の作品群は「海洋劇」と呼ばれて親しまれています。巨大な「海」に浮かぶ「船」という閉じた空間で、ひしめきあい、うごめく人間たち。「不定期貨物船グレンケアン号」の下級船員たちに、執筆当時のオニールと同世代の若き表現者たちが挑戦します。

5年ぶり特設小劇場での公演!

今回の演劇公演は、5年ぶりに307教室が特設小劇場として生まれ変わります。その名も“Space307”。「戯曲を読み解き、ことばから人物を立ち上げて表現する」をコンセプトに、オニールの描く世界観をキャスト19名とスタッフ107名、総勢126名が創り上げます。

—ユージーン・オニールについて―

20世紀初頭のアメリカ演劇は、ブロードウェイを中心とする商業主義・娯楽主義に甘んじており、世界的に注目されるような卓越した作品はほとんど生まれていませんでした。そうした中、ユージーン・オニールは、『カーディフさして東へ』でデビューを果たし、当時最先端だったリアリズム的な劇作法で世界を席巻していきます。そして、アメリカで最も権威のあるピュリッツァー賞を4度受賞し(『地平線の彼方』『アンナ・クリスティ』『奇妙な幕間狂言』『夜への長い旅路』)、1936年にはノーベル文学賞を受賞、世界にその名を轟かせました。

◆公演日時

2016年5月26日(木) 18:30
27日(金) 18:30
28日(土) 14:00/18:30
29日(日) 13:00/17:00 【全6回公演】

  • 上演時間は約120分です。休憩はございません。
  • 受付開始は開演45分前、客席開場は20分前となります。
  • 未就学のお子様のご入場は遠慮いただいております。

◆公演会場

玉川大学3号館3階307教室“Space307”
小田急線「玉川学園前」駅 北口より徒歩15分

◆入場料

無料・全席自由 ※要予約

◆チケット取り扱い

2016年5月9日(月)より予約受付開始
電話予約:042-739-8492【平日16~20時/土日祝13~17時】
メール予約:pa-info@art.tamagawa.ac.jp
*電話またはメールにて以下の項目をお伝えください。
①公演タイトル ②お名前(カタカナ) ③ご希望公演日時 ④ご連絡先 ⑤ご希望枚数
※メールにてご予約いただいたお客様には、2日以内にこちらより確認のメールをさせていただきます。

玉川大学芸術学部PA学科公演お問い合わせ窓口

TEL:042-739-8492(平日16時~20時/土日祝13時~17時)

お問い合わせ

玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科(演劇研究室)
〒194-8610 東京都町田市玉川学園6-1-1
TEL/FAX:042-739-8092
E-Mail:pa-info@art.tamagawa.ac.jp

〈個人情報の利用目的について〉
ご提供いただいた個人情報は、以下の目的で利用致します。
チケット受付:本公演のチケット予約受付に関する業務
【個人情報に関するお問い合わせ先】
◆運営管理者 玉川大学芸術学部長
玉川大学芸術学部演劇研究室 TEL:042-739-8092
◆苦情・相談について
本学の個人情報の取り扱いについての苦情・相談については相談窓口にお問い合わせください。
〈個人情報に関する相談窓口〉
学校法人玉川学園総務部総務課
TEL:042-739-8953  FAX:042-739-8795  E-mail:privacy@tamagawa.ac.jp

「玉川学園・玉川大学における個人情報保護への取り組み」についてホームページにてご紹介しております。
http:www.tamagawa.jp