教師教育リサーチセンターについて

玉川大学では、平成18年4月教職に関する総合センターとして「教職センター」を設置していましたが、さらなる“質の高い教員養成”と“教師教育学の研究活動推進”のために改組し、平成24年4月に「教師教育リサーチセンター」を新設しました。
教師教育リサーチセンターは、教職課程履修学生のサポートをする『教職課程支援室』、そして教師教育に関わる研究活動を推進する『教員研修室』の2つの部門から成り立っています。当センターは、これまでの教職課程支援事務のみならず、教師教育(教員養成・採用・研修)に関する研究・調査を行う研究機関的要素、さらには教育委員会、小・中・高等学校、幼稚園、保育所との連携を推進する機能をもつ全学教員養成の全体を包括する組織として位置付けられています。

教師教育リサーチセンター:教職サポートルーム、教職課程支援室<学生対象>、教員研修室<教員対象>