ロボカップ2013世界大会に出場決定!

2013.05.24

玉川大学工学部、電気通信大学、(独)情報通信研究機構の共同プロジェクトチーム「eR@sers」が、6月24日~7月2日にかけてオランダで開催されるロボカップ世界大会の出場権を獲得しました。

ロボカップ2013世界大会に出場する「Gwyn(グウィン)」

このロボカップ世界大会へは、例年1月から2月にかけて行われる書類審査において、過去の実績やロボカップへの貢献度を確認して選抜されます。今年は世界11カ国から21チームが選ばれました。昨年の優勝チームのドイツも順当に選ばれる中、日本から唯一となる「eR@sers」も5年連続で世界大会に選抜されました。

近年、ヨーロッパ勢の躍進が著しく、多くのリーグで好成績を挙げており、「eR@sers」が出場する@ホームリーグ()も2年連続でドイツチームが優勝しています。
キッチンや、リビングルームといった日常生活の場所で、ロボットがいかに役に立ち、人間と共に暮らしていけるのか?という可能性を探る競技

「eR@sers」は2008年の世界大会初出場以来、優勝2回、準優勝2回と常に好成績をあげてきました。昨年のメキシコ世界大会では惜しくも準優勝。今年は地元のヨーロッパ勢を中心とした優勝争いになることが予想されますが、最善を尽くし、少しでも上位に入れるよう奮闘中ですので、皆様、応援をお願いいたします!


ロボカップ2013出場チーム数
日本 1
タイ 3
チリ 1
ドイツ 5
中国 3
メキシコ3
イラン 1
スペイン 1
オランダ 3