第9回アグリビジネスフォーラム開催のご案内

2013.10.17

首都圏で農学系学部を有する私立五大学(明治大学、東京農業大学、日本大学、玉川大学、東海大学)は、農学に関する研究・教育を始め、その成果を社会還元するための活動の一環として、2005年から「アグリビジネスフォーラム」を開催し、各大学の特色ある研究成果を紹介してまいりました。

2010年からは「アグリビジネス創出フェア」に共同出展しております。第9回目の今年は、五大学共通出展テーマとして、「生物の機能利用に関する研究」について、五大学のシーズをご紹介します。

これまでの「アグリビジネスフォーラム」の活動と、五大学の各シーズ紹介も合わせ、新たなシーズの発見、情報交換、交流の場として、お気軽にご来場いただきますよう、ご案内申し上げます。

第9回 アグリビジネスフォーラム

日時 2013年10月23日(水)~25日(金) 10:00~17:00
会場 東京ビッグサイト「アグリビジネス創出フェア2013」会場内
東6ホール 小間番号:生-506~508・生-606~608
入場料 無料

Ⅰ.五大学共通出展テーマ

「生物の機能利用に関する研究」

  1. 玉川大学
    「刈り草プロジェクト:バイオマスの有効利用法の開発研究」
    農学部 生物資源学科 非常勤講師 石﨑 孝之
    (学術研究所 菌学応用研究センター 特別研究員)
  2. 東海大学
    「土着天敵の活用で水稲害虫の多発生は抑制できるか?」
    農学部 応用植物科学科 准教授 村田 浩平
  3. 明治大学
    「コリアンダーを用いた新たな植物病害防除法の可能性」
    農学部 農学科 准教授 元木 悟
    農学部 農学科 助教 池浦 博美
  4. 東京農業大学
    「生物の機能性を利用したモノづくり-インセクト・テクノロジー」
    農学部 農学科 教授 長島 孝行
  5. 日本大学
    「有機物分解バイオを用いた微生物燃料電池に関する研究」
    生物資源科学部 生物環境工学科 准教授 内ヶ崎 万蔵

Ⅱ.研究プレゼンテーション(五大学)

  • 日時10月24日(木) 14:30~16:50
  • 会場プレゼンルームC
  1. 「未来の食と農を支える首都圏農学系私立五大学」
    玉川大学 学術研究所 所長 今村 順
  2. 「地下海水を利用した都市近郊での陸上養殖」
    東海大学 海洋学部水産学科 生物生産学専攻 教授 秋山 信彦
  3. 「ヤムイモの滋養強壮を科学する」
    東京農業大学 国際食料情報学部 国際農業開発学科 教授 志和地 弘信
  4. 「有機物分解バイオを用いた微生物燃料電池に関する研究」
    日本大学 生物資源学部 生物環境工学科 准教授 内ヶ崎 万蔵
  5. 「ICT養液土耕栽培支援システム「ZeRo.agri」」
    明治大学 農場 特任教授 小沢 聖
  6. 「微生物遺伝資源の利用、その実例と成果」
    玉川大学 大学院 農学研究科 教授 奥田 徹