玉川大学が「文化大使賞」を受賞しました

2013.10.31

米国のフィラデルフィア日米協会の創立20周年記念式典において、玉川大学はフィラデルフィア日米協会より「文化大使賞」を受賞しました。受賞にあたりペンシルバニア州知事、フィラデルフィア市長、日本国大使、交流のある米国大学の学長、日米協会の理事の方々をはじめ各界より多数のお祝いメッセージを頂戴いたしました。

2003年以来、芸術学部の太鼓&ダンスチーム(指導:小山正教授)は、フィラデルフィアやワシントンDCの「さくら祭り」をはじめ、大学やホールにおいての公演やワークショップを実施してまいりました。その結果、我が国の伝統芸能を通して国際交流を推進し、相互に文化理解や信頼感を深めることが出来ました。

今後も芸術による社会貢献の実践を通して、未来の社会を築く若者の育成を推進します。今年度はフィラデルフィアのドレクセル大学と共同授業を実施して短期留学生を受け入れる等、新たな教育プログラムとしての展開も始まっています。