玉川大学が平成26年度「大学教育再生加速プログラム(通称:AP)」に採択されました。

2014.08.22

文部科学省公募の平成26年度「大学教育再生加速プログラム(通称:AP)※1」に、本学のプログラムが採択されました。

「大学教育再生加速プログラム」 ロゴマーク

このプログラムは、国として進めるべき大学教育改革を一層推進するため、教育再生実行会議等で示された新たな方向性に合致した先進的な取組を実施する大学を支援することを目的としています。

テーマ区分は、テーマI(アクティブ・ラーニング)、テーマII(学修成果の可視化)、テーマI・IIの複合型、テーマIII(入試改革)、テーマIII(高大接続)の5つで構成されています。

本学はテーマI(アクティブ・ラーニング)・テーマII(学修成果の可視化)の複合型として申請し、250件の申請の内から選定されました。全採択件数は46件です。

※1、(通称:AP)Acceleration Program for University Education Rebuilding

平成26年度「大学教育再生加速プログラム」の選定状況について(文部科学省ウェブサイト)


採択されたプログラムの概要

アクティブ・ラーニング実施科目の体系化を図り、それぞれの科目でどのようにアクティブ・ラーニングが行われるかを学生に明示すると同時に、アクティブ・ラーニングが適切な指導のもとで行われるように教員の教育力の養成を目指します。加えて、学生には、アクティブ・ラーニングの有効性を高めるために、複数の専門的な支援スタッフを配置し、対応します。教員に対しては、アクティブ・ラーニングの手法を分類したうえで、その到達目標と適切な評価方法を教員間で共有できるように全員参加型のFDプログラムを実施します。また、アクティブ・ラーニング形式の授業を大幅に増やし、ルーブリックを採用することで、学生の授業外学修時間を十分に確保します。
これらの取組みをとおして、学生の授業満足度および学修到達度等にかかわる全学的な教学マネジメントの改善を図ります。さらに、学修成果の可視化を促進し、実社会に有効な学生のコンピテンシー開発につなげていきます。