文部科学省より「平成28年度 総合的な教師力向上のための調査研究事業」を委託されました

2016.05.23

先の中央教育審議会答申において、大学全体として教職課程の質保証を実現する体制の整備充実が求められています。
玉川大学では6学部における教員養成教育の系統的な運営を図り、教職課程教育の充実とともに、地域の教育委員会・学校と連携したさまざまな取り組みを積極的に行い、さらに、平成25年からは、教職課程科目を卒業単位化することを実現し、大学教育の一環としての教員養成教育の充実に努めてきました。
この度の委託調査研究事業では、これまでの取り組みを包括的に評価し、一層向上させるとともに、他大学のモデルとなるシステムの創出をめざします。