1-7 利用可能な言語(言語パック)

表示言語の設定

教員はコースに表示する言語を固定することが可能です。
設定を行わない場合には、ユーザー側が設定した言語(初期設定は日本語)で表示されます。

※注意
言語パックの設定が反映されるのは、Blackboardの初期設定表示の項目に限定されます。
たとえば、教員自身が「レポート」というメニューを設定した場合、表示言語を日本語以外に変更しても「レポート」のまま表示されます。

コース、グループ内の表示言語設定

以下の手順でコース、グループの表示言語を設定します。

  1. コントロールパネルから「カスタマイズ」左側の矢印をクリックして展開し、「プロパティ」をクリックします。

  2. 「言語パックの選択」のドロップダウンリストから言語を選択します。

  3. ユーザー個別の設定に関係なく、このコース、グループで選択した言語で表示させる場合は「言語パックの強制設定」にチェックをします。

  4. [送信]をクリックします。

  5. 言語パックが設定されました。

ユーザーの表示言語設定

ログインページの「言語パックの選択」で表示言語を選択してログインすると、設定した言語でBlackboard@Tamagawaを利用することができます。

  1. 「利用可能な言語:」で変更したい言語を選択します。

  2. 選択した言語に変更されました。

基本画面

編集作業と文字入力