4-17 数式計算問題

「数式計算問題」は、式に受講生で異なる変数を自動的に設定することができます。
変数の範囲は、各変数の最小値と最大値を指定し、解答はランダムに生成されます。
特定の値または値の範囲を解答すれば正解となります。
解答に範囲を指定して部分評価を設定することもできます。

数式計算問題の作成

  1. テストキャンバスを開き、操作バーで[質問の作成]をポイントしてドロップダウンリストから[数式計算問題]を選択します。

  2. 「数式計算問題の作成/編集」ページの「1.質問」で質問文を入力します。
    [(アルファベット)]の部分(下図では[y]、[z])に変数が入ります。

  3. 「2.オプション」を設定します。

  4. [次へ]をクリックします。

  5. 「1.変数の定義」に変数の最大値、最小値を入力、「2.解答セットオプション」を設定し、[次へ]をクリックします。

  6. 「1.解答セットの編集」で自動的に変数が挿入されます。
    変更をしたい場合は、数値を入力します。

  7. 「2.フィードバック」で受講生にフィードバックを提示することができます。
    テストオプションの「テストフィードバック」の「フィードバック」にもチェックを入れてください。(任意)

  8. 「3.カテゴリおよびキーワード」を設定します。(任意)

  9. 「4.インストラクタの注意」を入力します。
    この文章は受講生には表示されません。
    自身のメモや複数の教員でコースを運用する際に使用します。(任意)

  10. [送信]ボタンをクリックします。

  11. 数式計算問題が追加されました。

  12. 下図の様に、受講生によって変数を設定した数値が異なって表示されます。

課題・テスト・アンケートの追加

テスト、アンケートの作成

問題の作成(テスト、アンケートの中身の作成)

プールの管理(問題データベースの作成)