TSCP(Tamagawa Sustainable Chemistry-powered-vehicle Project)

オーストラリア大陸を横断した
ハイブリッド・ソーラーカー
「アポロンディーヌ号」

これまでに、玉川学園では「ソーラーエネルギーの有効活用」を基本テーマとして、その利用技術の研究に取り組むことを目的にTamagawa Solar Challenge Project』(TSCP)を発足させました。1997年からソーラーエネルギーの有効利用を目的としてソーラーカーを開発して国内外のレースに出場しています。
2003年にはソーラーカーの安定した走行を目指し、燃料電池と太陽電池を組み合わせたハイブリッド・ソーラーカー「アポロンディーヌ号」を試作し、世界で初めてハイブリッド・ソーラーカーによるオーストラリア大陸横断4,000km走破を成功させました。さらに2008年には燃料電池の燃料である水素を再生可能エネルギーであるバイオマスから生成することを目指して、廃糖蜜を餌とした水素菌によるバイオ水素発酵を行いました。そこで生成できた水素を使って、燃料電池でモーターを駆動して走る4輪2人乗り水素自動車の試験走行に成功しました。

今後、社会を支えるエネルギーについて考えるうえで、エネルギーキャリアの重要性は高まってきています。再生可能エネルギーをより一層有効に利用するためにTSCPでは「CO2循環」と「Mg循環」に着目して研究・開発に取り組んでいます。

  • 余剰電力による電気分解水素とCO2を組合せギ酸を合成し、液化して使用時に水素へ改質する「CO2循環」
  • マグネシウム空気電池で、マグネシウムを再生可能エネルギーをはじめ余剰エネルギーや未利用エネルギーで再精錬して資源循環型エネルギーとして使用する「Mg循環」

このように化学的(Chemistry)な技術が益々必要となっています。そこで、これまでは『太陽光と水素を組合せたハイブリッド・ソーラーカー』を題材にプロジェクトを進めてきましたが、さらなる発展を目指して2016年よりTamagawa Sustainable Chemistry-powered-vehicle Project』(TSCP)として水素やマグネシウムなど再生可能エネルギーを有効利用したエネルギーキャリアとその利用ついて、さらなる研究・開発を進めていきます。

TSCPの活動の場は、新技術によるレース出場だけではありません。各種展示会への出展や出張授業、講演活動なども精力的に行っており、再生可能エネルギーの有効利用を通じて児童・生徒・学生に環境問題やエネルギー問題と向き合う機会を設けています。

玉川大学のチームは1997年から2018年までの計20回にわたり、JISFIC/WSR(全日本ソーラーカー&FCカーチャンピオンシップ/ワールドソーラーカーラリー)に出場し、これまでにJISC/WSR、JISFC通算14回の優勝、7回の総合優勝し、燃料電池とソーラーカーを組み合わせたハイブリッド・ソーラーカーでは、9連覇を達成しました。

未来叶い
Mg空気電池実験車両(仮)
TSCPメンバー
「未来叶い」と「Mg空気電池実験車両(仮)」