K-16一貫教育研究センター

研究センター紹介

本研究センターには、「全人教育」の理論的研究、実践の記録と検証に基づき、K-16(幼稚園から大学)の教育活動の充実を求めて、以下の2部門で広く総合的に研究と実践を進めています。

K-16一貫教育研究部門

全人教育学の理念に基づきながら、今日におけるK-16の教育課程を明らかにし、その具体的な改善に向けて理論的・実践的展開を図っています。以下の5グループによって、連携的に研究を進めています。

  1. 理系教育グループ
    • 天体観測施設は、研究・管理棟の改修工事に伴い、平成29年3月末をもって閉鎖しました。
  2. 文系教育グループ
  3. 国際バカロレア教育グループ
  4. 幼児教育グループ
  5. 小学校英語教育グループ

日本語教育研究部門

幼児・児童向けおよび成人向けの日本語教育、ならびに対象者の目的別の日本語教育のあり方を理論的に研究し、それぞれの実践に向けてプログラムを開発しています。また、学内の留学生等に対応するとともに、国内外の日本語学習のニーズに応じています。

教育フォーラムABLE( Agents for Bridging Learning research & Educational practice)

学習指導要領改訂の背景には、子どもたちに情報化やグローバル化などの急激な社会変化の中でも、未来の創り手となるために必要な資質・能力を確実に備えることのできる学校教育を実現することが重視されています。2017年度は全人的な発達に焦点をあて、国際的な視野を育成することに主眼を置き、知的発達や人格的成長に取り組む玉川学園の取り組みに多くの方に参加していただきました。

おもな研究内容

  • 理数系教科教育の高大連携に関する研究と実践
  • 理数系教員指導力向上研修プログラムに関する実践研究
  • 知的探究心を育むための理数系教育の実践研究
  • 玉川ロボットチャレンジプロジェクト(TRCP)における実践研究
  • 文系教科教育の高大連携に関する検討
  • IB認定校と日本の一条校における学際的指導と学習
  • K-4における育ちの連続性と、幼児期の学びの質の探求
  • 「日本語を母語に持たない児童・生徒」の実態調査
  • 短期日本語研修プログラムに関する研究
  • 英語視聴覚メディアを用いた教育効果・教育支援

研究概要

科学への興味と知的探究心を育むための、低・中学年を中心とした理数系教育の実践的研究

理系教育グループが中心となり、工学部および脳科学研究所、玉川学園K-12(低学年)、TRCPとの連携で、玉川学園K-12の4年生を対象とした体験的学習講座「ロボット製作実習」を実施しています。児童の科学技術に対する興味・関心を育むことがねらいです。児童を4~5名ずつの班に分け、各班に1名の大学生がつき、TAとしてロボット製作の指導にあたっています。

幼小連携 年長組チャレンジプログラムの実施

幼小連携活動の一環としてのチャレンジプログラムのさらなる進展を目指し、プログラムの開発・実践を試みています。年長期後半の育ちを小学校段階につなげていくための体験活動の充実もここ数年の課題の一つとしており、保育時間の見直し、年中児を対象とした活動の可能性を探りつつ、さらなる発展を目指しています。

国際バカロレア教育フォーラムの開催

IBシンガポールのマネージャーや、日本のIB認定校の教育実践者、ならびに玉川大学・玉川学園のIBプログラムに在籍している大学院生や生徒がさまざまな体験的に学びについてのディスカッションを実施しました。

K-12における日本語授業の企画実践および教材開発

K-12における日本語教育の現場として、以下のプログラムにおいて教材開発および教育の実践を行っています。

  1. 台湾稲江高校からのオンキャンパスプログラムにおける日本語授業の企画、実践
  2. 学園マルチメディアリソースセンター(MMRC)において実施されている遠隔日本語授業の教材開発、企画実践
  3. 春秋の短期留学生向け日本語授業

玉川大学 学術研究所