特許取得の報告「動的衝突予測方法」

2011.10.11

基準平面上に自己の2個の眼を離間配置し、時間軸上に所定の時間間隔(Δt)で選ばれた複数の時刻のうちのひとつの時刻(t)において視野内にある対象物の3次元位置と時刻(t)から(t+Δt)間における速度対を観測し、つぎの条件式が成立したときに「衝突する」と予測する。


-(a+b)≦XT ≦b    (条件式1)
Z0-Z>0          (条件式2)
ここでa,b,Z0 ,Zは図参照
XT =a tan δR/(tan α δL-tanα δR)

ここでαは1画素当りの視角であり、δLは対象物の左眼上での移動画素数であり、δRは対象物の右眼上での移動画素数である。

【選択図】図1

特許登録日 平成23年 9月 2日
特許番号 特許第4811805号
特許名称 動的衝突予測方法
特許取得者(発明) 元工学部  森 晃徳 教授
  元工学部  山田 博三 教授
  工学部    水野 真 教授

学術研究所知的財産本部では、先生方の研究成果の特許取得を推進するとともに、企業との共同研究開発に結びつくきっかけ作りになることを目指してまいります。 今後ともご協力よろしくお願いいたします。