平成27年度 玉川大学理数系教員研修事業を8月18日(火)に開催

2015.07.06

多数のお申込みをありがとうございました。
定員に達しましたので、募集を終了させていただきました。
今後のお申込みについては、キャンセル待ちの受付となりますので、ご了承ください。

「生物教材としてのカイコ(Ⅱ)―カイコ成虫の配偶行動実験―」を8月18日に開催

このたび玉川大学学術研究所では、平成27年度の理数系教員研修事業を開催いたします。

カイコは生物における実物教育教材として非常に有用です。このセミナーでは、カイコ成虫の配偶行動実験(性フェロモン誘引実験)を体系的に学び、感覚受容器(触覚)による化学的な刺激(性フェロモン)の受容から効果器による反応・個体の行動(配偶行動)までの仕組みを理解します。また、配偶行動実験を行うために必要なカイコの基礎的な知識と実験技能を習得するとともに、昆虫における情報化学物質の機能とその産業への活用についても理解します。

詳細につきましては、下記をご覧ください。小学校・中学校・高等学校の理数系教員の皆様のご参加をお待ちしております。

日時

平成27年8月18日(火)10:00~16:00(受付9:40~)

場所 玉川大学 大学7号館 第一生物学実験室(2F・211)
プログラム
  • Ⅰ.
    講演「生物教材としてのカイコ:観察と実験」
        佐々木 正己(玉川大学農学部・名誉教授)
  • Ⅱ.
    実習 配偶行動実験(性フェロモン誘引実験)
  • Ⅲ.
    参加者とのディスカッション
募集定員 20名(要予約/定員になり次第締め切らせていただきます)
募集締切 平成27年7月24日(金)
参加費 無料(交通費・昼食代はご負担ください)、白衣を持参してください
申込方法 〈個人情報の利用目的について〉をご確認いただき、同意の上、参加申込書に必要事項を記入いただき、FAXにてご送付ください。e-mailでのお申し込みは、件名を「セミナー申込」とし、下記のアドレス宛に送信ください。

参加申込書pdf

申し込み先:玉川大学学術研究所
Fax:042-739-8663  eメール: t.instit@adm.tamagawa.ac.jp

主催 玉川大学学術研究所(K-16一貫教育研究センター 理系教育グループ)

お問い合わせ

玉川大学学術研究所
Tel:042-739-8666
eメール: t.instit@adm.tamagawa.ac.jp