3月12日(金)開催:脳科学リテラシー部門第7回研究会「社会科学と脳科学」

2010.02.23

玉川大学脳科学研究所 脳科学研究センター 脳科学リテラシー部門では、第7回研究会「社会科学と脳科学」を開催いたします。
諸科学の歴史を見る限り、人間の社会についてのアプローチというのは、先行する時代の自然科学分野における主要な方法論を取り込みつつ独自の発展を遂げてきました。
本研究会では経済学、社会生物学といった試みにおいて蓄積されてきた知見と、今日の脳科学における社会科学的な主題へのアプローチとを比較しつつ、社会科学と脳科学の可能性について考えていきます。
詳細につきましては以下のとおりです。

研究会テーマ 社会科学と脳科学
日時 2010年3月12日(金)13:00~18:00
場所 玉川大学 研究・管理棟5階 507教室
(小田急線「玉川学園前駅」下車 徒歩約12分)
プログラム 13:00-13:10
 研究会開催趣旨説明
13:10-14:20
 講演1「価値・目標・動機の脳内表現」
 松元健二(玉川大学)
14:20-14:30
 休憩
14:30-15:40
 講演2 「アダム・スミスの人間観」
 堂目卓生氏(大阪大学)
15:40-15:50
 休憩
15:50-17:00
 講演3「社会生物学・進化心理学をめぐる哲学的考察-E.O.ウィルソンを中心に-」
 音喜多信博氏(椙山女学園大学)
17:00-17:10
 休憩
17:10-18:00
 総合討論
参加 無料。事前申込は不要です。当日は南口案内所にて本研究会の参加者である旨お申し出いただき、校内へお入りください。
主催 玉川大学脳科学研究所脳科学研究センター
共催 玉川大学グローバルCOEプログラム「社会に生きる心の創成」

お問い合わせ

玉川大学学術研究所 研究促進室
Tel:042-739-8666
Fax:042-739-8663
eメール: t.instit@adm.tamagawa.ac.jp