教育学研究科



教育学専攻(修士課程)

概要

「教員養成の玉川」としての伝統と実績をふまえた教育学研究を基盤に、幼児教育、初等教育、国際バカロレア、教師教育学等について高度な研究を行うことを目的としています。
教育研究をとおして、幅広い教養、コミュニケーション能力、論理的思考力を培うともに、教育実践の諸課題を発見し、その課題の本質を追究し、問題解決へと導く力を培います。

研究環境

教員と院生がアットホームな雰囲気の中で、率直な意見を交換できるよう体制を整えています。院生室には、個別の学修ブースと共同で議論するスペース、個人専用ロッカーが配置されています。

研究を支援します

  • 学会発表の旅費等の援助制度があり、学会発表を奨励しています。
  • ティーチング・アシスタント制度や奨学金制度などをとおして、経済的な負担の軽減を図っています。
  • 国際的視野から教育学への展望を深めるため、海外の大学との教育・研究における国際交流を積極的に推進しています。

教育学研究科教育学専攻(修士課程)

教育学研究科教育学専攻では、(1)教育学研究の意義、目的、手法等を正しく理解し、自立した研究活動を行なうことができる、(2) 教育実践および教員養成課程の諸課題を発見し、課題を解決すること ができる、(3)社会で必要とされる幅広い教養、コミュニケーション能力、論理的思考 力を持ち、社会的責任を持って社会発展に積極的に関与できる、といった資質能力の獲得を目指しています。

【5つのコース】

教育学専攻は、興味関心に応じた5つのコースを準備しています。

  1. 教育学研究コース
  2. 初等教育研究コース
  3. 乳幼児教育研究コース
  4. 国際バカロレア(IB)研究コース
  5. 教師教育学研究コース

トピックス

教育学研究科 教員ニュース

教育学研究科 学生ニュース

教育学研究科 コラム