よく見ると面白い

2020.11.12

秋が深まり、玉川学園の木々も色づいてきました。丘めぐりに出かけていた年長さんたちが、面白いものを見つけて帰ってきました。落葉した葉っぱをよく見ると、虫食いの穴があって顔のように見えます。笑った顔、怒った顔、困り顔・・・。想像を働かせて見つめると、いろいろな表情に見えてきました。
落ち葉の表情に合わせて、体を用意したり、「落ち葉がどんなお話をしそうかな」と自分で想像したりしました。一人ひとり、顔の葉っぱにポーズとセリフを合わせて、思い思いに表現を楽しみました。こうして、「落ち葉ちゃん」「落ち葉くん」が完成しました。
遠くから眺めるときれい、近くでよく見ると面白い。紅葉の季節にはいろいろな楽しみ方があるようです。