大根の収穫

2020.12.17

9月に植えた小さな種が、大きな大きな大根に育ちました。今日は、玉川大学農学部の畑を借りて育ててきた大根を収穫する日です。霜のおりた畑の土の中から、よく冷えた美味しそうな大根が顔を出しています。小さな一粒の種が大きな大根に。植物の生長の不思議にもふれながら、冬の実りを皆で楽しみました。収穫した大根は、葉っぱ付きのまま、家に持ち帰りました。とれたての大根は新鮮で、葉っぱもとても美味しいのです。
大根を1本抜くのにも時間のかかる年少さん、手際よくどんどん収穫していく年長さん。学年を重ねるごとに経験を重ね、子どもたち自身も大きく成長しています。玉川産の美味しい大根で冬も元気に過ごし、新しい年を迎えてほしいと思います。