クリスマス礼拝(5−8)

2018.12.21

冬休みを前に、クリスマス礼拝が行われました。5年生から8年生までの児童生徒が中学年校舎講堂に集い、弦楽の演奏やパイプオルガンの伴奏にのせて、皆でクリスマスの祈りを捧げました。生徒が演じた朗読劇は、1914年のクリスマス休戦を題材にした「世界で一番の贈り物」でした。玉川らしい、美しい音楽にあふれた、穏やかな祈りのひと時となりました。