中高生のための英語プレゼンテーションコンテスト「第1回Change Maker Awards」にて、11年二宮 瞳子さんが銅賞を受賞!

2019.02.21

2019年1月27日に星陵会館にて行われた、一般社団法人英語4技能・探究学習推進協会が主催する中高生のための英語プレゼンテーションコンテスト「第1回Change Maker Awards」にて、11年二宮 瞳子(にのみやとうこ)さんが銅賞を獲得しました。
この大会は、中高生を対象に「私の夢中は誰かを動かせるか」を共通テーマに、理系文系問わず自由な内容を英語でプレゼンテーションするものです。優秀者には、協会が設けたプランで語学留学、大学訪問、インターンなどの学習支援が受けられます。
この日は全国99校102チームの中から選ばれた20チームが審査員や観客の前でプレゼンテーションを行いました。
二宮さんは探究的な自律学習を促す「自由研究(SSHリサーチ)」という授業の中で、「河川の堤防決壊の研究」について昨年度より研究を行っています。授業を通して積み上げてきた研究成果を社会に還元したいという思いから、ストーリーを組み立て本戦に臨みました。
当日は、帰国子女と勘違いされるほどの英語を披露。審査員からは高評価をいただき、銅賞を獲得することができました。

二宮さんは、「今回このような賞が頂けて大変光栄に思います。また、このプレゼンが完成するまでにお世話になった方々に感謝します。ありがとうございます。私は9年生から川に関する研究をしています。10年生になってからはSSHで科学的研究もスタートさせました。私が『夢中』に出会えたことは奇跡なのかもしれません。けれど振り返ってみると川は家から見える身近な存在だったのです。皆さんの身近にあるものはなんですか?また、それは周囲にどのような影響を及ぼすことができますか?とにかく毎日を楽しんでください。皆さんは誰でもチェンジメーカーになれます。 We are just on a start line!」と喜びのコメントを寄せてくれました。

これからの二宮さんの活躍をぜひご期待ください。